神話 日本神話

世界の神話 日本神話 ヤマトタケルノミコト編

投稿日:2017年4月7日 更新日:


日本神話における英雄ヤマトタケルノミコト。

制圧の旅に出て英雄としての名をあげていきますが、志半ばで亡くなってしまいます。

「スポンサーリンク」

兄をぐちゃり、乱暴な幼少期

武神ヤマトタケルノミコトはスサノオノミコトと同様に日本神話の英雄です。

また、英雄と言う点だけでなく、幼少期に荒くれ者だったという点も似ています。

例えば、幼少期のヤマトタケルノミコト、幼名をオウスノミコトには兄オオウスノミコトがいましたが、その兄を残虐に殺してしまいます。

どういうことか?

あるとき、オオウスノミコトが食事に出なかったため、父である景行天皇は「やさしく兄を諭すように」とオウスノミコトに命じます。

しかし、オウスノミコトは兄であるオオウスノミコトを握りつぶして、手足をもぎ取って殺してしまいました。

どうやら、オオウスノミコトは日ごろから礼節にかけていたため、オウスノミコトはそれを疎ましく思っていたようなのです。

さらに、兄を殺しただけでなく、父である景行天皇に「やさしく諭しました」と報告したのです。

かくして、景行天皇はオウスノミコトに恐怖を抱くようになったのでした。

制圧、そして英雄へ

景行天皇は息子であるオウスノミコトに各地を制圧するように命令しました。

オオウスノミコトの件ですっかり恐怖した景行天皇はオウスノミコトと距離を取りたかったのです。

大きく分けると、オウスノミコトの征圧は西征と東征の2つあります。

最初にオウスノミコトが行ったのが西征です。

そして、このときにクマソタケル兄弟を討伐した際に、クマソタケルは自分を倒したオウスノミコトにヤマトタケルを名乗るように言ったのです。

かくして、オウスノミコトはこのときからヤマトタケルを名乗ることになりました。

なお、西征の多くがだまし討ちであったようです。

次にヤマトタケルノミコトは東征に出向きます。

西征と異なり東征では、三種の神器である草薙の剣を使って危機を回避するなど、英雄っぽくなっていきます。

ただし、このように英雄になったヤマトタケルノミコトですが、征圧の途中で妻をなくし、山の神の呪いを受けて、故郷に戻ることなく最後は命を失ってしまいました。

「スポンサーリンク」

-神話, 日本神話
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界の神話 ギリシャ神話の神々 エロス編【キューピッド】

愛の神であるエロス。日本においては、愛のキューピットのイメージがあります。 そんなエロスですが、黄金の矢と鉛の矢という二種類の矢を有しています。

ギリシャ神話 ヘパイストス編【ヘラの息子】

ギリシャ神話の女王である女神ヘラの子供であるヘパイストス。 容姿のせいで、生まれてすぐに下界に捨てられてしまいます。 しかしながら、ヘパイストスはこれぐらいではへこたれませんでした。 一生懸命に鍛冶の …

世界の神話 ギリシャ神話の幻獣たち ラミア編

世界にはたくさんの神話があり、その中にたくさんの動物が登場します。 本シリーズでは、その中でもギリシャ神話に登場する動物に焦点をあてます。そして、その第九回目である本記事は、ラミアを紹介したいと思いま …

ギリシャ神話 アレス編【最弱の軍神】

主神ゼウスと女神ヘラの間に生まれた嫡流の王子がアレスです。 しかし、これ以上ないというほどの血統のもとに生まれたアレスですが、神話史上最も最弱な軍神と言われるようになかなか情けないエピソードが多いよう …

世界の神話 インカ神話

インカ神話は、諸民族の伝承や古代文明を取り込みながら形成されました。 歴代支配者の権力の象徴が、最高神インティです。