動物

三重県が連絡なしに滋賀県にリリースしたクマ、岐阜県で射殺

投稿日:


2015年に三重県がいなべ市で捕まえ、連絡を怠ったまま他県の滋賀県内にリリースして問題になったツキノワグマが今月10日、岐阜県養老町内の山林で罠にかかっているのが見つかった。

その後、このツキノワグマは地元の猟友会員に射殺された。

「スポンサーリンク」

ことの経緯

  1. 2015年5月17日、三重県いなべ市でワナにかかったツキノワグマを、三重県の担当者が滋賀県境に放つ。
  2. 5月27日、滋賀県多賀町の住民女性が、自宅付近でクマに襲われる。
  3. クマが出没した理由を滋賀県や多賀町が調査。これまで周辺でクマの目撃例がほとんどないため。
  4. 三重県いなべ市で罠にかかったクマを、三重県の担当者が滋賀県境に放したという記事を新聞で発見。
  5. 滋賀県の担当者が三重県側に確認したところ、県境の三重県側ではなく、滋賀県側にある多賀町の山中にクマを放したと確認。
  6. 5月28日、三重県の幹部職員が滋賀県庁を訪れ、謝罪。
  7. 調査機関に依頼して三重県がDNA鑑定を実施。その結果、三重県が放ったクマと女性を襲ったクマは別の個体であると判明。
  8. 「そもそも、よその県にクマを放しておいて連絡すらしないなんて、常識では考えられない」と滋賀県が立腹。
  9. 5月28日から三重県がクマの捜索を開始。※クマには発信機がつけられている
  10. その後の追跡調査で、岐阜県の海津市や養老町辺りにいることを確認。
  11. 今月10日、岐阜県養老町内の山林でワナにかかっているのが見つかり、射殺。←今ここ。
「スポンサーリンク」

-動物
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

エサが急に消えてパニックに陥っている犬がかわいい

今回は飼い主さんのちょっとしたイタズラ(手品?)でワンちゃんがパニックに陥ったというお話。可愛すぎる。

犬のストーム、溺れていた小鹿を救う

災害救助犬として人間を犬が救助したという話をよく聞く。だが、どうやら犬が救助するのは人間だけではないようで……。

番犬ならぬ番睡眠犬、母親の魔の手から少年の睡眠を守護!?【必見】

番犬は侵入者から家を守ってくれる。 だが、どうやら番睡眠犬という種類もいるようだ。本記事では番睡眠犬となり、少年の睡眠を母親から守護する犬をご紹介する。 「スポンサーリンク」

世界の危険でない蛇の種類 10種【無毒なやつ】

世界でもっともありふれた無毒性のヘビについて見ていきます。 無毒性のヘビは、世界中のどこにでも生息しています。 ※ただし、南極・アイルランド・アイスランドや北米最東端であるカナダのニューファンドランド …

テスラのバンパーに嵌まった子猫ちゃん救出。

テスラの後部バンパーに嵌まって鳴いていた子猫ちゃんを、自動車の所有者が発見。その後、駆け付けたテスラサービスセンターの社員に救出された模様。