北欧神話

北欧神話の神々 ヴァルキリー【戦場の女神】

投稿日:2017年4月13日 更新日:


戦地で死んだ英雄の魂を導く存在であるヴァルキリー。

愛情をもって英雄に仕えるという一面を持つ一方で、悲惨な戦場が大好きという一面もあります。

「スポンサーリンク」

戦死者の魂を導く

戦場の女神ヴァルキリー。

これは単一の女神を称する名前ではなく、主神であるオーディンに仕えている女神軍の総称です。

ヴァルキリーには「戦死者を選択する者」という意味があります。

彼女たちの役割は、戦死した英雄の魂をヴァルハラの館までいざなうことですので、ぴったりの名前と言えます。

そして、ヴァルハラに導かれた英雄はヴァルキリーの訓練を施されたのちに、エインヘリヤルに配属されます。

エインヘリヤルとは、世界の滅亡を予見したオーディンにより創設された軍隊の精鋭部隊のことです。

ここにヴァルキリーのかき集めてきた英雄を配属させて、世界の終末に備えたのでした。

戦場を好む女神たち

ヴァルキリーは、戦死者の多い戦場が大好物です。

なぜなら、凄惨な戦場にはそれだけ勇猛果敢な戦死者が多く、ヴァルキリーの役割である「英雄の魂を導く」を全うできるからです。

失恋のブリュンヒルド

ヴァルキリーには「ブリュンヒルドの悲恋」という有名な物語があります。

どういう物語か?

ある日、オーディンが加護する勇者の敵をヴァルキリーの一員であるブリュンヒルドが愛してしまいます。

そして、なんとオーディンを裏切り敵に勝利させてしまったのです。

その罰として、ブリュンヒルドは眠りの呪いをかけられます。

その後、英雄シグルスに彼女は救出されて結婚の約束をします。

しかし、記憶を喪失したシグルスが別の女と結婚してしまったため、この恋もみのることはありませんでした。

「スポンサーリンク」

-北欧神話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界の神話 北欧神話の幻獣たち ニーズヘッグ編

日本の神話にはたくさんの動物が登場します。お稲荷さんであったり狛犬であったり、いろいろな姿で登場して神様につかえていたりします。 もちろん、神話に動物が登場するのは日本だけではありません。世界中で語り …

世界の神話 北欧神話の神々 ロキ

偽りの根源とされるロキ。 アース神族に迎え入れられましたが、最終的にはラグナロクで巨人族の力添えをしました。

北欧神話の神々 ユミル【原初の巨人】

原初の巨人であるユミルの死により天地創造が開始されます。 また、神々と巨人族との長い長い遺恨はこの時代に始まります。

世界の神話 北欧神話の幻獣たち ファーブニル編

日本の神話にはたくさんの動物が登場します。お稲荷さんであったり狛犬であったり、いろいろな姿で登場して神様につかえていたりします。 もちろん、神話に動物が登場するのは日本だけではありません。世界中で語り …

世界の神話 北欧神話 オーディン【最高神】

北欧神話の最高神であるオーディン。 知識欲にあふれていた彼は北欧神話随一の賢者となりました。