愛媛

愛媛県宇和島の牛鬼まつりが熱い。まとめ【宇和島観光にぴったり】

投稿日:


今年もうわじま牛鬼(うしおに)まつりが、7月22日から始まり、本日24日まで続く。

ぼくは行ったことないので、来年に向けて情報をまとめてみた。

「スポンサーリンク」

うわじま牛鬼まつりとは?

毎年7月22~24日に愛媛県の宇和島で行われる夏祭りの一つ。

ガイヤカーニバルに始まり、宇和島おどり大会、海上打ち上げ花火、親牛鬼パレードなど様々なイベントが開催される。

▼牛鬼。

牛鬼とは、でかい山車のこと。鬼のような顔、長い首、牛の胴体を持つというよく分からないキメラ的なもの。

一説によると、加藤清正が城攻めに使った亀甲車(きっこうしゃ)という戦車の一種が起源。

ガイヤカーニバル

7月22日に開かれる踊りのパレード。若者が「ガイヤ・オン・ザロード」のリズムに乗って歩き踊るイベント。

▼ガイヤカーニバルの様子。軽快なリズムに乗って、若者が商店街を踊り歩いている。

▼チームによって、コスチュームが全然違う。そういった意味でも楽しめそう。

▼動画はこちら。

まさに、若者の踊り祭りといった感じ。最近アラサーになって枯れているので、エネルギー補給にはうってつけかも。

「スポンサーリンク」

宇和島おどり大会

7月23日に開かれる踊りのパレード。しっとりとした曲調の宇和島おんどに合わせて、老若男女問わずゆったりと踊り歩くイベント。

▼宇和島おどりの様子。

▼昨年の宇和島おどりの様子。動画。

盆踊り。ガイヤカーニバルのような弾けた感はないが、遠き日の思い出がフラッシュバックしてくる。懐かしい感じ。

海上打ち上げ花火

7月23日の夜に開催される花火大会。海から打ち上げられる花火が魅力。

▼海上打ち上げ花火の様子。天空に輝く満点の花火も素晴らしいが、その光が漆黒の海面に一筋の道を作りだしている。きれい。

twitter – Nyaagoro

▼動画はこちらから。昨年の様子。

いつ以来、打ち上げ花火を見てないだろうか……。今年は見たいな。

親牛鬼パレード

7月24日に開催される牛鬼の名を冠したパレード。

▼親牛鬼パレードの内容。

数十人の若者に担ぎあげ られ、子どもたちが吹き鳴 らすブーブーという「ブー ヤレ」(竹ぼら)の音を従え て、長い首を打ち振りなが ら練り歩き、家ごとに首を 突っ込んでは悪魔払いを します。

出典:うわじま牛鬼まつりガイドブック2017

▼親牛鬼パレード。商店街を練り歩いている。大迫力。

▼三体の牛鬼の首をくっつけて、わっしょい、わっしょい。

▼動画はこちら。

牛鬼祭り、これを見ずして何を見るというイベントだろう。

商店街のアーケードと比べてみると、いかに牛鬼が大きいかが分かる。冒頭の写真で見たよりずっと大きいと感じる。迫力満点。

まとめ

・毎年7月22~24日にかけて、うわじま牛鬼まつりが開催される。

・様々イベントが開かれ、どれも必見。だが、とりわけ親牛鬼パレードが宇和島色が色濃く出ていて、しかも迫力満点で面白そう。

「スポンサーリンク」

-愛媛
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

また、愛媛県今治市伯方島で特定外来生物「カミツキガメ」発見か!

昨日12日、かまれるとけがをする恐れがある特定外来生物の「カミツキガメ」が、愛媛県今治市伯方町木浦で見つかり、伯方署の御用になった。 なお、6月21日にもカミツキガメが近くで捕まっており、近隣住民の不 …

愛媛県今治市伯方島で特定外来生物の「カミツキガメ」捕獲【カミツキガメ?特定外来生物?】

6月21日午前、愛媛県今治市の伯方島で、特定外来生物の「カミツキガメ」が発見され、警察の御用になった模様。

愛媛県の恋する灯台「佐田岬灯台」と「釣島灯台」まとめ【絶対行くべき】

今日テレビで「恋する灯台プロジェクト」の特集をしていて、佐田岬灯台や釣島灯台の紹介をしていた。恋人に縁もゆかりもないので無視を決め込もうとしたが……。2つの灯台を紹介する。