政治

「ニュース女子」問題で東京新聞が同社の長谷川論説副主幹を処分か? 問われるメディアとしての姿勢

投稿日:


東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が同社から言論の自由の弾圧をうける可能性があります。

「スポンサーリンク」

ことの経緯

沖縄の高江ヘリパッド建設反対運動に批判的な見解を示した東京MXテレビの番組「ニュース女子」で司会を務める同紙の長谷川氏が、同紙の謝罪記事で圧力を加えられ、それに対して反論しました。

1月2日にニュース女子は、沖縄の高江ヘリパッド建設をめぐる反対運動を特集しました。番組は反対派について証拠を出して、「テロリストみたい」という事実や「日当をもらっている」可能性に言及していました。

今月2日付け朝刊で東京新聞は、長谷川氏に対して下記のごとき圧力を加えました。

とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します。

これに対して、長谷川氏は、6日に出演した日本放送の「ザ・ボイス そこまで言うか!」で、

私が社外で発言することが東京新聞の報道姿勢と違っていても何の問題もないし、それを保障すること自体が言論の自由を守ることだ

また、今後の進退について、

私から(論説副主幹を)辞めるわけにはいかない

と述べました。

ペンの足音が聞こえてくる

東京新聞の謝罪は全く的外れだと言わざるを得ないです。

なぜかというと、沖縄・高江ヘリパッド問題について同番組では批判的な論調でしたが、長谷川氏はほとんど意見を述べていません。そして、番組の論調がイコール長谷川氏の主張というわけではありません。

つまり、東京新聞の「とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」という言葉が本当なら、同紙とは論調の違う番組に出演してたというだけで、長谷川氏に処分を加えることになります。

また、仮に番組の論調と長谷川氏の主張がイコールだとしても、問題ありません。

問題であれば、それは、東京新聞の論調に「異を唱えること自体」に対する糾弾となります。つまり、「俺の言うこと聞け」です。

糾弾でなく批判であれば、紙面上で具体的に反論すべきでしたが、単に長谷川氏が「ニュース女子」に出演したこと自体を、東京新聞は謝罪して、その中で対処するとしました。つまり、「俺のいうこと聞け」です。

これらのことから、仮に本当に東京新聞が長谷川氏に何らかの処分を下すなら、これは紛れもない言論の弾圧になるでしょう。

どうでしたか?

ペンの音が聞こえてきませんでしたか? 長谷川氏は自分から役職をやめることはないとしていますが・・・・・・。どうなるのでしょうか? 東京新聞のメディアとしての姿勢が問われています。

「スポンサーリンク」

 

 

 

 

-政治
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

兵庫県知事選に立候補した勝谷誠彦氏のイメチェンが話題沸騰【だれこれ?】

兵庫県知事選に立候補した勝谷誠彦氏がすっかりイメージチェンジしたと巷で話題になっている。

北朝鮮への旅行者が気を付けるべき 10の事実【まとめ】

日本は現在北朝鮮により危険にさらされています。よくミサイルがEEZ内にぶち込まれますし、日本人の拉致問題も解決していません。 しかし、こんな時にこそ敵を知る必要があるのかもしれません。 その一つが旅行 …

no image

「安保法案」国会前反対デモについて

2015年8月30日に、東京永田町の国会議事堂前で労働組合や市民団体が主催した安保法案反対の大規模集会が開かれた。例え愚かだとしても民主主義下ではこの集会自体は問題ではない。ここで問題なのは、主催者側 …

Before World War II was Japan militarism?

Was Japan really militarism before World War II? In this article we will discuss that.

GHQ’s War Guilt Information Programa to Japan after the World War II

In world history, there are no examples where the occupation policy of victorious countries has been …