動物

体が異常に長い生物!【世界一長い生物】

投稿日:2017年5月22日 更新日:


世界にはたくさんの動物がいます。形や色などがそれぞれ違っており見ていてあきません。

では、世界で最も長いとされる6つの動物とは何でしょうか?

※ここでは、これまでにサンプルされた平均的な長さではなくて、最も長いサンプルでもって比較したいと思います。

さあ、どうぞ!

「スポンサーリンク」

6. ウバザメ(Basking Shark)

Wikipedia – Greg Skomal

ウバザメは、ジンベイザメの次に大きな魚になります。

平均すると、約6~8mほどに到達します。

これまでに発見されているウバザメで一番大きなのは、1851年にカナダで捕えられたやつです。

なんと、その全長は12.27mにもなり、重量は19トンにもなりました。

こんなやつに海であったら、失禁するいきおいですね。

5. ジンベイザメ(Whale Shark)

Wikipedia – Zac Wolf (original), Stefan (cropping) (CC 表示-継承 2.5

ジンベイザメは、一番大きな魚として知られています。

これまでに遭遇した一番大きなサンプルは18m越えとされていますが、これにはあまり信頼性がありません。

理由は、こんなにでかいやつは1800年代以来見つかってないからです。

これ以外にも、14mを越える大きな個体がいたという主張もありますが、確かな計測値があるのは12.6mまでになります。

「スポンサーリンク」

4. マッコウクジラ(Sperm Whale)

Wikipedia – Gabriel Barathieu(CC 表示-継承 2.0

マッコウクジラは、歯を持つ一番大きなクジラです。また、大きな頭を意味するcachalotとも言われます。

1933年に南太平洋で捕獲された個体が24mを超えており、いままでに測定された最大のマッコウクジラになります。

しかし、ロンドンの自然史博物館にマッコウクジラのあごがあるのですが、これは25.6mくらいの個体のものとされています。

3. シロナガスクジラ(Blue Whale)

Wikipedia- NOAA Fisheries

シロナガスクジラは、世界最大の海洋哺乳動物です。

平均すると、30mほどになりますが、1930年に捕獲された個体は33mにもなりました。

2. キタユウレイクラゲ(Lion’s Mane Jellyfish)

Wikepedia – Dan Hershman(CC 表示 2.0

ジャイアントクラゲとして知られていて、最大のクラゲになります。

キタユウレイクラゲの鐘の部分は数メートルにもなりますが、触手部分はもっと長いです。

1870年にマサチューセッツの海岸で見つかった最大のサンプルは、長さが2.3m触手長さが37mにもなりました。

1. リネウス・ロンギッシムス(Bootlace worm)

Wikipedia – Citron(CC BY-SA 3.0

世界最長の動物は、リネウス・ロンギッシムスになります。

ギネスによると、これまでの最大のサンプルは、イギリスのセントアンドリュース海岸で1864年に発見されたものです。

それによると、そのリネウス・ロンギッシムスは、長さ55m・幅は10cm近くあったらしいです。

まさに、最長の動物といえるでしょう。

「スポンサーリンク」

-動物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

かわいいは正義。寝ているだけの赤ちゃん犬がかわいすぎる!

犬はかわいいが、赤ちゃん犬はもっとかわいい。この記事ではただ赤ちゃん犬が丸まって寝ている姿をご紹介する。かわいいは正義。

リスは冬に備えて木の実を隠すようですよ・・・、犬の毛の中に。

こんにちは!時をかけるみかんです! リスは冬に備えて、木の実をたくさん取っては土の中に埋める習性があるそうです。 ですが、どんなものにも例外はあるようで…。今回ご紹介するのはリスはリスでも …

おすすめのペットフード9選【健康配慮】

みんなのパートナー、ペット! そんなペットだからこそ、最高の食べ物を与えたいものです。 近年、ペットの健康に配慮したペットフードへの注目が高まっています。 しかし、ペットの健康に配慮と広告しているペッ …

「動きたくないでござる」犬の必死の抵抗に飼い主がとった作戦は?【必見】

動きたくない犬と、動かせたい飼い主の攻防の物語が今始まる。はたして、飼い主は動かない犬を動かせることができるのだろうか?

【猫】捕食者ネコちゃん、ヘビを食らう【かわいい+捕食者】

ネコちゃんはかわいい。だが、捕食者でもある。これは矛盾していない。本日はこれが分かる画像を紹介する。