動物

体が異常に長い生物!【世界一長い生物】

投稿日:2017年5月22日 更新日:


世界にはたくさんの動物がいます。形や色などがそれぞれ違っており見ていてあきません。

では、世界で最も長いとされる6つの動物とは何でしょうか?

※ここでは、これまでにサンプルされた平均的な長さではなくて、最も長いサンプルでもって比較したいと思います。

さあ、どうぞ!

「スポンサーリンク」

6. ウバザメ(Basking Shark)

Wikipedia – Greg Skomal

ウバザメは、ジンベイザメの次に大きな魚になります。

平均すると、約6~8mほどに到達します。

これまでに発見されているウバザメで一番大きなのは、1851年にカナダで捕えられたやつです。

なんと、その全長は12.27mにもなり、重量は19トンにもなりました。

こんなやつに海であったら、失禁するいきおいですね。

5. ジンベイザメ(Whale Shark)

Wikipedia – Zac Wolf (original), Stefan (cropping) (CC 表示-継承 2.5

ジンベイザメは、一番大きな魚として知られています。

これまでに遭遇した一番大きなサンプルは18m越えとされていますが、これにはあまり信頼性がありません。

理由は、こんなにでかいやつは1800年代以来見つかってないからです。

これ以外にも、14mを越える大きな個体がいたという主張もありますが、確かな計測値があるのは12.6mまでになります。

「スポンサーリンク」

4. マッコウクジラ(Sperm Whale)

Wikipedia – Gabriel Barathieu(CC 表示-継承 2.0

マッコウクジラは、歯を持つ一番大きなクジラです。また、大きな頭を意味するcachalotとも言われます。

1933年に南太平洋で捕獲された個体が24mを超えており、いままでに測定された最大のマッコウクジラになります。

しかし、ロンドンの自然史博物館にマッコウクジラのあごがあるのですが、これは25.6mくらいの個体のものとされています。

3. シロナガスクジラ(Blue Whale)

Wikipedia- NOAA Fisheries

シロナガスクジラは、世界最大の海洋哺乳動物です。

平均すると、30mほどになりますが、1930年に捕獲された個体は33mにもなりました。

2. キタユウレイクラゲ(Lion’s Mane Jellyfish)

Wikepedia – Dan Hershman(CC 表示 2.0

ジャイアントクラゲとして知られていて、最大のクラゲになります。

キタユウレイクラゲの鐘の部分は数メートルにもなりますが、触手部分はもっと長いです。

1870年にマサチューセッツの海岸で見つかった最大のサンプルは、長さが2.3m触手長さが37mにもなりました。

1. リネウス・ロンギッシムス(Bootlace worm)

Wikipedia – Citron(CC BY-SA 3.0

世界最長の動物は、リネウス・ロンギッシムスになります。

ギネスによると、これまでの最大のサンプルは、イギリスのセントアンドリュース海岸で1864年に発見されたものです。

それによると、そのリネウス・ロンギッシムスは、長さ55m・幅は10cm近くあったらしいです。

まさに、最長の動物といえるでしょう。

「スポンサーリンク」

-動物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

エサが急に消えてパニックに陥っている犬がかわいい

今回は飼い主さんのちょっとしたイタズラ(手品?)でワンちゃんがパニックに陥ったというお話。可愛すぎる。

ネコ?へたくそだな・・・、だが、おもしろい【ネコ画像とネコ絵の比較】

ブラジルのアーティストHeloisaが自身のtwitterに投稿している作品がネット上で話題を集めている。 ネコの写真と、自身が描いたネコの絵を比較している。うまい絵ではないが、ネコ自身の特徴を捉えて …

愛媛県今治市伯方島で特定外来生物の「カミツキガメ」捕獲【カミツキガメ?特定外来生物?】

6月21日午前、愛媛県今治市の伯方島で、特定外来生物の「カミツキガメ」が発見され、警察の御用になった模様。

三重県が連絡なしに滋賀県にリリースしたクマ、岐阜県で射殺

2015年に三重県がいなべ市で捕まえ、連絡を怠ったまま他県の滋賀県内にリリースして問題になったツキノワグマが今月10日、岐阜県養老町内の山林で罠にかかっているのが見つかった。 その後、このツキノワグマ …

アメリカマイナーリーグの試合で審判に水を届ける犬が話題に【ゴールデン・レトリバー】

アメリカのマイナーリーグで審判に水を運んだ犬ジェイクがいまネット上で話題になっている。野球に興味のない人間にもジェイクがいるなら球場に足を運ぶ価値はありそうだ。