芸術

大英博物館がロゼッタストーンなど200以上の芸術品の3Dモデルを作った模様

投稿日:


大英博物館と言えば、古今東西の美術品などの所蔵で有名。で、この博物館が面白い試みを現在行っているようです。

「スポンサーリンク」

大英博物館3Dデータを公開中

その試みというのが、同博物館所蔵の芸術品を3Dデータとしてオンライン公開するというもの。

現在のところ200以上のアイテムが誰でも3Dでダウンロードや閲覧が可能となっています。

データは、Sketchfabのページから、誰でもダウンロードできます。

▼同博物館が公開しているロゼッタストーンの3Dデータ。テンションMax!

もちろん、3Dプリンタがあれば、3Dプリントも可能なようです!

ロゼッタストーンを3Dプリントして、ヒエログリフをじっくり眺めてみるもよし、↓のようなミイラのマスクをプリントするもよし。

▼Mummy maskの3Dデータ。

もしくは、PCやスマホ上でじっくりと四方八方から200以上もの芸術品を見まくるという遊び方も、もちろんできます。

▼3Dデータの一部画像。

このように、たくさんの3Dデータがあるので暇つぶしにはピッタリですよ。

それでは、また。

「スポンサーリンク」

-芸術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おしゃれでかっこいいデザインのタトゥー&入れ墨まとめ

入れ墨には否定的なイメージを持ってる。 暴力団が入れ墨を入れてるので、入れ墨=暴力団という印象がある。 し、入浴施設などで入場制限されているのを見ると、より入れ墨=否定というイメージ強くなる。 要する …

【有名】最も高価なゴッホの絵画作品 8選【ひまわり、自画像・・・】

本記事では、最も高価なゴッホの絵画をご紹介します。 それでは、どうぞ。 ※なお、価格は110.50円/ドルで計算しました。また、現在の価格は当時の価格を物価調整した後の価格です。

ナチスが焚書を行った場所に、10万冊の発禁本を使ったパルテノン神殿が!?

アルゼンチンの芸術家マルタ・ミヌジン(74)が、発禁本10万冊を使ってパルテノン神殿のレプリカを作った。 ミヌジンによると、この作品は政治的弾圧への抵抗を象徴しているという。