江戸時代

江戸時代の生活 け~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

投稿日:


現代にはたくさんの仕事があります。

が、江戸時代はどうだったのでしょうか?

ここでは、江戸時代の江戸に住んでいた庶民の仕事をご紹介します。

「け~」から始まる江戸の庶民の職業。

それでは、どうぞ。

「スポンサーリンク」

芥子之助(けしのすけ)

1751~1764年ころに浅草で人気を博した大道芸になります。

どのような芸なのかというと、現代でいうところのジャグリング+手品といったところ。

徳利と豆、それに鎌など、大きさも重さも形も異なるものをジャグリングしていました。また、手品もやっていたようです。

けだもの屋(けだものや)

獣肉を出す鍋料理屋をけだもの屋といいました。

けだもの屋が出始めたころは夜の屋台で出されましたが、1830~1844年ころからは獣肉専門の料理屋として営まれるようになりました。

横浜が開港された1859年を境に、牛肉や豚肉もだんだんと食されるようになりました。

下馬売(げばうり)

寺社や屋敷前などで主人を持っている共の小物や中間を相手に、酒や食べ物を売るものをこういいました。

中間たちは薄着だったため、特に冬の煮物が人気だったようです。

下駄歯入(げたのはいれ)

下駄の修繕を行う仕事です。

道具と材料一そろいを天秤でかついで町を歩いて廻ります。

そして、下駄の歯を交換するのです。

けんどん屋(けんどんや)

現在でいう「蕎麦屋」のことです。

江戸初期までは特に店売りの蕎麦屋をけんどん屋と称したようです。

中期以降は、うどん、そば、飯、酒を一杯だけをおかわりなしで出す店をいいました。

「スポンサーリンク」

 

 

-江戸時代
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

江戸時代の生活 か~から始まる江戸時代の職業【おすすめ】

江戸時代のことをわたしたちはほとんどが映像を見て、知っているくらいです。 しかも、かなりの場合が武士関連のことに限定されます。 我々庶民がどのような暮らしをしていたのかはなかなかうかがい知ることができ …

江戸時代の生活 い~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現在、さまざま種類の職業があります。 では、江戸時代にはどのような職業があったのでしょうか? ここでは、「い~」から始まる江戸の庶民の職業をいくつかご紹介します。

江戸時代の生活 う~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現在、さまざま種類の職業があります。 では、江戸時代にはどのような職業があったのでしょうか? ここでは、「う~」から始まる江戸の庶民の職業をいくつかご紹介します。

江戸時代の生活 こ~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

遠く昔に思いをはせる。 我は時間の旅人なり。 「こ~」から始まる江戸の庶民の職業。 それでは、どうぞ。

江戸時代の生活 し~から始まる江戸時代の仕事【まとめ】

江戸時代に人々はどんな生活をしていたのでしょうか? 文献でも探せばあるのでしょうが、めんどくさいですし読めるとも思いません。 そのため、映画などの映像を見ないことには分かりませんが、武士の情報ばかりで …