江戸時代

江戸時代の生活 か~から始まる江戸時代の職業【おすすめ】

投稿日:


江戸時代のことをわたしたちはほとんどが映像を見て、知っているくらいです。

しかも、かなりの場合が武士関連のことに限定されます。

我々庶民がどのような暮らしをしていたのかはなかなかうかがい知ることができません。

そこで、ここでは江戸時代に庶民がどのような仕事をしていたのかをご紹介することにしました。

「か~」から始まる江戸の庶民の職業をいくつかご紹介します。

「スポンサーリンク」

傀儡師(かいらいし)

傀儡師「ちちくゎい、ちちくゎい」

家々を回り、箱の中の人形を踊らせて歌わせます。

そして、最後に「ちちくゎい、ちちくゎい」と叫び、ちゃりーん。

そんな仕事です。

角兵衛獅子(かくべえじし)

角兵衛獅子とは、笛吹や太鼓打ちの織り成す曲に合わせて、獅子役の少年が曲芸を行う新潟の郷土芸能です。

越後、現在で言うところの新潟から出てくるので、越後獅子とも言います。

初夏~初秋にかけて行われる大道芸になります。

鏡磨(かがみとぎ)

手鏡を磨く職人になります。

え、鏡磨なにそれ。必要なの?

と、思う人も多いと思いますが、当時の鏡はガラスではなくて金属製でした。

そのため、空気に触れて徐々に曇っていきますので、一定期間ごとに研ぐ必要があったのです。

主に、農業ができない冬の時期に農夫が出稼ぎでやってきた商売のようです。

掛請い(かげごい)

商売の多くがツケで行われており、集金は月末や節句ごとに行われていました。

そして、その集金を行うのが掛請いの仕事でした。

「スポンサーリンク」

駕籠舁(かごかき)

駕籠をかついで、人を目的地にのせる仕事になります。

駕籠には大きく分けて3つの種類があったようです。それが、「乗物」・「町駕籠」・「道中駕籠」です。

・乗物は将軍や大名などの地位の高い人間の乗るものです。乗物をかつぐ駕籠舁は、「六尺」と呼ばれました。

・町駕籠はより一般的なもので、江戸市中で使う駕籠をそう呼びました。この駕籠は乗物よりも簡単な作りになっていたようです。

・道中駕籠は、その名の通り街道で使う駕籠のことです。街道で使うものですので、江戸市中には入れませんでした。

籠職人(かごしょくにん)

籠やざる、魚籠などを籐・竹・柳などで作る職人のことを駕籠職人といいます。

笠屋(かさや)

閉じれる傘を売る商売です。

普通の笠屋と区別するために、「唐笠屋(からかさや)」ともいいました。

貸本屋(かしほんや)

値段:1冊16~24文、子供用は1冊2~4文

本をかついで様々なところへ本を貸しに行く商売です。例えば、大名屋敷の奥向き・長屋・遊女屋などがありました。

およそ、3日に一度は常連客のところを廻っていたようで、女性の客が多かったようです。

鍛冶屋(かじや)

鍛冶屋には、刀鍛冶とその他の鍛冶屋とがいました。

刀鍛冶は鳥帽子をかぶっていました。

汗をかく仕事のためか、その他の鍛冶職人は上半身裸で適当な格好をしていたようです。

女性の鍛冶職人もいたようです。

瓦灯売(がとううり)

瓦灯というのは陶器で作った安価で丈夫な照明器具のことで、瓦灯売はこれを天秤にかついで売り歩いていました。

「スポンサーリンク」

 

 

-江戸時代
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

江戸時代の生活 う~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現在、さまざま種類の職業があります。 では、江戸時代にはどのような職業があったのでしょうか? ここでは、「う~」から始まる江戸の庶民の職業をいくつかご紹介します。

江戸時代の生活 か~から始まる江戸時代の職業2【まとめ】

江戸時代。それは知っているようであまり知らないそんな時代。 知っているといっても、映像のみで知るだけのそんな時代。 しかも、武士関連がほとんど。 庶民の生活なぞ、うかがい知ることはできません。 そこで …

江戸時代の生活 い~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現在、さまざま種類の職業があります。 では、江戸時代にはどのような職業があったのでしょうか? ここでは、「い~」から始まる江戸の庶民の職業をいくつかご紹介します。

江戸時代の生活 え~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現在、さまざま種類の職業があります。 では、江戸時代にはどのような職業があったのでしょうか? ここでは、「え~」から始まる江戸の庶民の職業をいくつかご紹介します。

江戸時代の生活 さ~から始まる江戸時代の仕事【まとめ】

さ~から始まる江戸時代の仕事を、この記事では紹介します。 江戸時代に人々はどんな生活をしていたのでしょうか? 文献でも探せばあるのでしょうが、めんどくさいですし読めるとも思いません。 そのため、映画な …