江戸時代

江戸時代の生活 せ/す~から始まる江戸時代の仕事【まとめ】

投稿日:


江戸時代に人々はどんな生活をしていたのでしょうか?

その一端が、映画などの映像をみると分かりますが、なかなか庶民の生活は分かりません。

よって、本記事では庶民の特に仕事に焦点をあててみることにしました。

それでは、どうぞ。

西瓜の断売(すいかのたちうり)

西瓜の断売「すいかんや~、すいかん」

値段:丸ごと32~100文

江戸中期ころから、西瓜は江戸の人達に食されるようになり、だんだんと人気になりました。

炭売(すみうり)

天秤に吊り下げたかごに炭を入れて、売り歩く商売になります。

小金のある家では材木屋や酒屋からまとめ買いをしますが、長屋の住人などは炭売から必要な時ごとに少量ずつ買っていました。

線香突(せんこうつき)

その名の通り、線香を作る職人のことです。

絞り機に練った抹香を入れて、パスタみたいに押し出します。

そして、押し出された線香を板の上に受けて、乾かしたらそれ完成です。

雪駄直し(せったなおし)

雪駄は草履の裏面に皮をはって防水機能をつけたものです。

そのため、傷んだものを張り替えると長持ちします。

この張り替えなど雪駄の修繕を行った者を雪駄直しといいました。

洗濯屋(せんたくや)

手間仕事として長屋の女性が、寺院や女手のない家から洗濯を請け負っていました。

硬い布が多かった時には足踏みで洗っていましたが、江戸時代では木綿が広まっていましたので手洗いでした。

洗剤には、米のとぎ汁、灰汁、槐の実、無患子の皮などを使っていました。

 

-江戸時代
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

江戸時代の生活 け~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現代にはたくさんの仕事があります。 が、江戸時代はどうだったのでしょうか? ここでは、江戸時代の江戸に住んでいた庶民の仕事をご紹介します。 「け~」から始まる江戸の庶民の職業。 それでは、どうぞ。

江戸時代の生活 こ~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

遠く昔に思いをはせる。 我は時間の旅人なり。 「こ~」から始まる江戸の庶民の職業。 それでは、どうぞ。

江戸時代の生活 さ~から始まる江戸時代の仕事【まとめ】

さ~から始まる江戸時代の仕事を、この記事では紹介します。 江戸時代に人々はどんな生活をしていたのでしょうか? 文献でも探せばあるのでしょうが、めんどくさいですし読めるとも思いません。 そのため、映画な …

江戸時代の生活 か~から始まる江戸時代の職業2【まとめ】

江戸時代。それは知っているようであまり知らないそんな時代。 知っているといっても、映像のみで知るだけのそんな時代。 しかも、武士関連がほとんど。 庶民の生活なぞ、うかがい知ることはできません。 そこで …

江戸時代の生活 お~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現在、さまざま種類の職業があります。 では、江戸時代にはどのような職業があったのでしょうか? ここでは、「お~」から始まる江戸の庶民の職業をいくつかご紹介します。