江戸時代

江戸時代の生活 さ~から始まる江戸時代の仕事【まとめ】

投稿日:


さ~から始まる江戸時代の仕事を、この記事では紹介します。

江戸時代に人々はどんな生活をしていたのでしょうか?

文献でも探せばあるのでしょうが、めんどくさいですし読めるとも思いません。

そのため、映画などの映像を見ないことには分かりませんが、武士の情報ばかりで庶民の生活は分かりません。

なので、本記事では庶民の特に仕事に焦点をあててみることにしました。

それでは、どうぞ。

「スポンサーリンク」

細見売(さいけんうり)

新吉原のランク付けした遊女一覧を売る商売です。

年に二回は更新されました。

祭文語(さいもんがたり)

義太夫(ぎだゆう)、ちょぼくれ節、浄瑠璃(じょうるり)などを錫杖とほら貝を手に、語り聞かせる商売になります。

祭文とは、山伏の祈祷のことですが、まあそういった話はしません。

ほら貝も吹くまねだけです。音がなりませんので、話と話しの間に「でろれん、でろれん」という音を口から出します。

左官(さかん)

土間や蔵の壁に漆喰を塗り固めるのが左官の仕事です。

「漆喰師」という漆喰を、こね混ぜる工程専門の職人もいました。

肴売(さかなうり)

アジ・ブリ・サバ・イカなどの様々な生魚を、てんびんにかついで売り歩きます。また、その場でさばいてくれる仕様です。

値段は時価ですので、交渉しだいになります。

このように普段は生魚を売っていますが、海が荒れたりして鮮魚が入らない場合には、干物を売ります。

酒売(さけうり)

桶に酒を入れて売りまわる商売のことを酒売といいました。

江戸ではなく京都に多かった商売のようです。

さござい(さござい)

江戸中期に、正月に江戸の町で子供相手に商売していた福引屋のことです。

数本のひもの中にあたりを用意して、それを引いた子供には景品があたりました。景品は、飴、双六、錦絵などでした。

しかし、どんどん景品が豪華になり大人も遊びだしたため、寛政改革で禁止となりました。

「スポンサーリンク」

-江戸時代
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

江戸時代の生活 け~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現代にはたくさんの仕事があります。 が、江戸時代はどうだったのでしょうか? ここでは、江戸時代の江戸に住んでいた庶民の仕事をご紹介します。 「け~」から始まる江戸の庶民の職業。 それでは、どうぞ。

江戸時代の生活 え~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現在、さまざま種類の職業があります。 では、江戸時代にはどのような職業があったのでしょうか? ここでは、「え~」から始まる江戸の庶民の職業をいくつかご紹介します。

江戸時代の生活 い~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現在、さまざま種類の職業があります。 では、江戸時代にはどのような職業があったのでしょうか? ここでは、「い~」から始まる江戸の庶民の職業をいくつかご紹介します。

江戸時代の生活 う~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現在、さまざま種類の職業があります。 では、江戸時代にはどのような職業があったのでしょうか? ここでは、「う~」から始まる江戸の庶民の職業をいくつかご紹介します。

江戸時代の生活 あ~から始まる江戸時代の職業【まとめ】

現在、さまざま種類の職業があります。 では、江戸時代にはどのような職業があったのでしょうか? ここでは、「あ~」から始まる江戸の庶民の職業をいくつかご紹介します。