経済

ライフル製造メーカーランキング トップ10【コルト・ベレッタ・・・】

投稿日:


皆さんこんにちは! 時をかけるみかんです!

 

世界にはいろんな種類の銃がありますね。中でもライフルは長距離を狙撃できる銃として、ゴルゴ13もよく使っていますね。

 

今回は、そんなライフルを製造しているメーカーに注目してみました。それでは、世界でトップ10に入るライフルメーカーを見ていきましょう。

※写真の画像は各順位のメーカーとは関係ありませぬ。

10. コルト社(Colt’s Manufacturing)

コルトはアメリカ合衆国の銃器メーカー。

シングルアクションリボルバーを世界で初めて開発した陸軍大佐サミュエル・コルトが作った会社です。

「M16」などのライフル製造。

9. トーラス・インターナショナル(Taurus International)

トーラス・インターナショナルは長い歴史を持った会社で、70年以上前にもともとは工具メーカーとして産声をあげました。

「Taurus ART556 rifle」や「Taurus CT G2 carbine」などのライフルを製造。

8. スプリングフィールド・アーモリー(Springfield Armory)

1974年に設立された銃火器メーカー。

同社製造の「M14」はベトナム戦争時に米軍により採用され、現在でも一部の部隊は使っているようす。

「M1ガーランド」や「M14」を製造。

7. O.F. Mossberg & Sons

オスカー・モスバーグによって約100年前に設立された会社です。

ショットガンが有名ですが、「モスバーグ・パトリオット」などのライフルは人気です。

「スポンサーリンク」

6. Sig Sauer

Sigは拳銃が得意な会社ですが、精度・信頼性・世界クラスのエンジニアリングによりライフルも製造しています。

「SIG716」や「SIG516」などのライフルがあります。

5. ベレッタ社(Beretta)

イタリアの銃器メーカーで、イタリア北部のガルドーネ・ヴァル・トロンピアに本社があります。

拳銃や散弾銃が有名ですが、「ARX160」のようなライフルも作っています。

4. スミス&ウェッソン(Smith & Wesson)

アメリカ合衆国最大規模の銃器メーカー。マサチューセッツ州スプリングフィールドに本社があります。

「M&P15シリーズ」などのライフルを作っています。

3. サベージ社(Savage)

サベージ社は1894年に出来た会社で、第二次大戦中に数百万の銃器を米軍に提供しています。

2. スターム・ルガー(Sturm Ruger)

スターム・ルガーは2018年において世界で2番目に大きいライフルメーカーです。

同社は第4四半期の売上高約131億円(111円/ドルで計算)で、1株あたりの利益が0.62ドルを計上しました。

株式は年初来1%減です。

1. レミントン(Remington)

てんてけてーん。世界でトップ10に入るライフルメーカー栄誉の第1位は「レミントン」です。

同社のライフルはよく狩猟に使われます。

「M7600」などのライフルがあります。

「スポンサーリンク」

-経済
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

世界で最大のビデオゲーム会社ランキング トップ10【任天堂・・・】

ここ一週間ぐらいの猛暑でしにかけの時をかけるみかんです。あつい、あつすぎます。 さて、私の愚痴はさておき……。   今回は、2018年に世界で最も巨大なビデオゲーム会社をトップ10形式でご紹 …

肉の輸出多い国ランキング【アメリカとか。日本は?】

こんばんわ! 時をかけるみかんです。   今日もとっても暑かったですね。もう嫌になるくらいです。皆さんは大丈夫でしたか? 熱中症には気をつけてくださいね。   さて、この記事で皆さ …

経済学に影響を与えた世界的な学者?【まとめ】

ここでは、経済学の発展に貢献した人物を紹介します。 第一回目の今回は、「ピタゴラス」・「クセノポン」・「プラトン」・「アリストテレス」・「トマス・アクィナス」・「コペルニクス」をご紹介。

【世界】石炭の輸出額多い国ランキング トップ10【価格の推移も】

どの国がたくさん石炭を輸出しているのでしょうか? 本記事では、2016年の石炭輸出額が多い国をランキング形式でご紹介します。 ※International Trade CenterのTrade Map …

修道士にして中世の大学者 トマス・アクィナス

中世で最大の学者の一人が今回紹介する聖トマス・アクィナスです。シチリア王国のアクィノで貴族の家に1225年に生まれて、教育は5歳から受けていました。   シチリア王国とは、 中世から近世にか …