動物

動物好きのペットシッター、3年間家賃なし!

投稿日:


旅行に行きたいが、ペットを残してはいけない。ペットホテルに預けるのもいや。そういったニーズに答えてか、海外には住み込みのペットシッターサービスなるものがあるらしい。

本記事ではイギリスのペットシッターであるエマ・ヒギンズを紹介する。

「スポンサーリンク」

ペットシッター、エマ・ヒギンズ

▼広大な自然で犬を散歩するエマ。こんな広大な自然、なかなかお目にかかれない。

エマは旅行に出かけた飼い主に代わり、住み込みでペットの世話をする。給料が出るわけではないが、家賃の支払いがないため、これまでに数千ポンドほどの節約にはなっているそう。

▼エマの新しいシッター先。イングランドのコッツウォールドらしい。これまた、素晴らしい景色。

エマはここ2年ほどで、イギリスとポルトガルを行ったり来たりし、15軒の家でペットシッターをしてきた。なんと、8000km以上は車で移動しているそうである。

1回のペットシッター期間は1~2週間くらいだが、時にはもっと長期化することも。ポルトガルで農村の家に行ったときは5か月も続いたらしい。

「スポンサーリンク」

エマ、旅行サイトを運営する

▼エマが運営する旅行サイト「GKM(GOTTA KEEP MOVIN’」。スタイリッシュでとても見やすいサイト。

エマが運営するサイト「GOTTA KEEP MOVIN’

先にも書いたが、エマはペットシッターでお金を得ているわけではない。それではいくら節約しようと生活はできない。

そのため、エマは旅行サイト「Gotta Keep Movin’」を運営したり、オンライン雑誌に旅行記事を寄稿したりしてお金を稼いでいる。

まとめ

金銭が発生するペットシッターのサービスももちろんあるだろうが、エマは住み込みを対価に働いている。サイト運営して自分で稼ぐ必要がありなかなか大変そうだが、最後にエマは「ほかの方法での生活を今は考えられない」と締めくくった。

「スポンサーリンク」

-動物
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

マイナーリーグのバットドッグ、バットの代わりに敵ピッチャーのボールを回収!

ヤンキース傘下のAAチーム「トレントン・サンダー」のバットドッグであるルーキーが、AAAチームに昇進したがすぐに降格した話。

ネコとカメ、世紀の大合戦【ネコパンチvsロケット頭突き】

仲の悪いもののことを犬猿の仲と言う。だが、何も犬と猿だけが仲が悪いわけではない。本記事ではネコとカメの世紀の戦いをご紹介する。

プールで泳ぐ犬がぐうかわいい【ワンちゃん大好き】

暑い夏、照り付ける太陽。こんな時にはプールで水浴びが必要・・・・・・、だと思っているのは人間だけではないよう。本記事では、プールで気持ちよく水浴びをする犬をまとめてみた。

事故で息子を亡くした一人の男が300匹以上の野良ネコを救う話

 ニューヨーク州のロング・アイランドに住むクリス・アンドリューは、野良ネコの保護施設を運営している。 その理由と、活動を追ってみた。

【猫】捕食者ネコちゃん、ヘビを食らう【かわいい+捕食者】

ネコちゃんはかわいい。だが、捕食者でもある。これは矛盾していない。本日はこれが分かる画像を紹介する。