動物

動物好きのペットシッター、3年間家賃なし!

投稿日:


旅行に行きたいが、ペットを残してはいけない。ペットホテルに預けるのもいや。そういったニーズに答えてか、海外には住み込みのペットシッターサービスなるものがあるらしい。

本記事ではイギリスのペットシッターであるエマ・ヒギンズを紹介する。

「スポンサーリンク」

ペットシッター、エマ・ヒギンズ

▼広大な自然で犬を散歩するエマ。こんな広大な自然、なかなかお目にかかれない。

エマは旅行に出かけた飼い主に代わり、住み込みでペットの世話をする。給料が出るわけではないが、家賃の支払いがないため、これまでに数千ポンドほどの節約にはなっているそう。

▼エマの新しいシッター先。イングランドのコッツウォールドらしい。これまた、素晴らしい景色。

エマはここ2年ほどで、イギリスとポルトガルを行ったり来たりし、15軒の家でペットシッターをしてきた。なんと、8000km以上は車で移動しているそうである。

1回のペットシッター期間は1~2週間くらいだが、時にはもっと長期化することも。ポルトガルで農村の家に行ったときは5か月も続いたらしい。

「スポンサーリンク」

エマ、旅行サイトを運営する

▼エマが運営する旅行サイト「GKM(GOTTA KEEP MOVIN’」。スタイリッシュでとても見やすいサイト。

エマが運営するサイト「GOTTA KEEP MOVIN’

先にも書いたが、エマはペットシッターでお金を得ているわけではない。それではいくら節約しようと生活はできない。

そのため、エマは旅行サイト「Gotta Keep Movin’」を運営したり、オンライン雑誌に旅行記事を寄稿したりしてお金を稼いでいる。

まとめ

金銭が発生するペットシッターのサービスももちろんあるだろうが、エマは住み込みを対価に働いている。サイト運営して自分で稼ぐ必要がありなかなか大変そうだが、最後にエマは「ほかの方法での生活を今は考えられない」と締めくくった。

「スポンサーリンク」

-動物
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)治療におすすめの介助犬まとめ【アニマルセラピー】

近年PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法として「アニマルセラピー」が注目を浴びています。その中でも今回はPTSD患者の介助犬にふさわしい犬種をまとめてみました。

猫をプールに投げ込もうとした少年、逆にプールにどぼんする

猫の祟りは恐ろしいというが、この少年に降りかかった災難を考えると本当かもしれない。

世界に生息する巨大な海洋生物【まとめ】

海には不思議がいっぱい。どんな生物がいるかもよくわかっていません。では、世界にはどんな巨大な海洋生物がいるのでしょうか?

ショッピングカートを押す犬、ショッピングカート犬の大爆誕。【必見】

人間のパートナーである犬は、番犬に、警察犬に、牧羊犬に、大忙し。そして、いまここにさらなる○○犬が爆誕するのか!? 「スポンサーリンク」  ショッピングカート犬、ここに大爆誕! ▼店の店内。とある男性 …

世界で最も可愛い動物 20選【まとめ】

子犬や子猫がかわいいのはもちろんですが、地球上には他にも可愛い動物がいることを知っていますか? そういえば、私はあまり知りませんでしたので、本記事では20頭ばかり主観に基づいて選んでみました。 それで …