エジプト神話

エジプト神話 オシリス【冥界の神】

投稿日:2017年4月13日 更新日:


冥界の神であるオシリス。

逆恨みにより殺害されて、死から蘇生した経験があります。

「ミイラ」の原型として有名です。

「スポンサーリンク」

豊穣の神オシリス

オシリスは冥界の神として知られていますが、本来は豊穣を司る神です。

植物を育てて大地に豊かな実りを与えることが、豊穣神としてのオシリスの役目で、

また、ビールやパンの作り方を人間に教えて、大いに崇拝される神でした。

冥界の神オシリス

オシリスは父ゲブから地上の王位を与えられましたが、のちに冥界の神になりました。

経緯はこうです。

父ゲブから地上の王位を授けられたオシリスですが、嫉妬した弟のセトに殺されてしまします。

しかも、オシリスの亡骸はばらばらに切り刻まれて、ナイル川に捨てられたのでした。

その後、死者の守護者アヌビスや妻イシスらの献身により蘇ることにオシリスは成功します。

が、完全体ではなかったため、地上にとどまることができませんでした。

なんと、ナイル川に死体が捨てられた際に男性器が魚に食されていたのです。

かくして、オシリスは冥界の神になってのでした。

冥界の裁判官+豊穣

Wikipedia – 死者の書に描かれたオシリス

死者の魂をさばく裁判官がオシリスの冥界での役割です。

「死者の書」と呼ばれるパピルス絵画には冥界の裁判の様子が描かれており、そこにはオシリスが王座に鎮座した姿もあります。

さらに、オシリスは冥界の神になった後も豊穣の力を発揮しました。

これは、殻竿・牧杖と呼ばれる2本の杖を持っている姿からも分かることです。

「スポンサーリンク」

-エジプト神話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

エジプト神話の神々 ホルス【鷹の神】

ホルスは、地上の王であったオシリスの息子です。 オシリスからセトに奪われた地上の王位をのちに奪い返しました。

エジプト神話 アヌビス【死者の審判】

死者の守護神アヌビス。 墓場をうろつく犬のイメージが神格化した神です。 死と同時に再生の象徴でもあります。

エジプト神話 セト【オシリスの弟】

人々や神々をなんども苦しめた悪神セト。 王位をホルスに奪われた彼は、エジプト追放の憂き目にあいました。

エジプトの神々 ラー【太陽神】

太陽神ラーは、ヘルモポリスの神話から誕生しました。 その後、ラーはエジプトの最高神にまでなり、多数の高位の神々と同一化していきました。

エジプト神話 イシス【オシリスの妻】

愛の庇護者イシス。たくさんの人々から崇拝されていました。 そのことは、古エジプトで行われていた行事でも明らかです。 なんと、イシスのために毎年2回も祭りが盛大に開催されていたのです。