北欧神話

世界の神話 北欧神話 オーディン【最高神】

投稿日:2017年4月12日 更新日:


北欧神話の最高神であるオーディン。

知識欲にあふれていた彼は北欧神話随一の賢者となりました。

「スポンサーリンク」

旺盛な知識欲

アースガルドにあるヴァラスキャルヴの館に北欧神話の主神であるオーディンは住んいます。

そして、ムニン(記憶)とフギン(思考)という2羽のカラスに情報収集をさせて、王座であるフリズスキャルヴから世界中を見ています。

しかし、王座に座っているのはごくわずかな時間で、つねに秘術や知識を追いかけて9つの世界を彼は旅するのでした。9つの世界とは北欧神話に登場する世界の総称のことです。

オーディンは知識を得るためならば手段を選びません。

例えば、彼は隻眼ですが、これは魔術を得るための代価として差し出したからです。

戦士集め

このようにしてオーディンは予言の力をも手に入れます。

そして、その力をもってある日彼は世界の滅亡を知りえます。

そこで、その運命から逃れるために、勇猛果敢に戦死した戦士を集めて、エインヘリヤルという精鋭部隊を創設しました。

所有物

灰色のひげをたっぷりとはやしており、隻眼を隠すためにつばの帽子をオーディンはかぶっています。

武器は、魔槍グングニルを持っており、これは投げれば相手に刺さるというすごい武器です。

戦場において彼は魔術と知略で敵と戦う知将でしたので、長距離攻撃ができるグングニルは最適な武器であるといえます。

また、腕には黄金のドラウプニルという腕輪をはめています。ドラウプニルとは「滴るもの」と言う意味で、9夜ごとに同じ重さの腕輪を8個滴り出すとされます。

「スポンサーリンク」

-北欧神話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界の神話 北欧神話の幻獣たち ヘル編

日本の神話にはたくさんの動物が登場します。お稲荷さんであったり狛犬であったり、いろいろな姿で登場して神様につかえていたりします。 もちろん、神話に動物が登場するのは日本だけではありません。世界中で語り …

世界の神話 北欧神話の幻獣たち ヨルムンガンド編

日本の神話にはたくさんの動物が登場します。お稲荷さんであったり狛犬であったり、いろいろな姿で登場して神様につかえていたりします。 もちろん、神話に動物が登場するのは日本だけではありません。世界中で語り …

北欧神話の神々 ユミル【原初の巨人】

原初の巨人であるユミルの死により天地創造が開始されます。 また、神々と巨人族との長い長い遺恨はこの時代に始まります。

世界の神話 北欧神話の幻獣たち ニーズヘッグ編

日本の神話にはたくさんの動物が登場します。お稲荷さんであったり狛犬であったり、いろいろな姿で登場して神様につかえていたりします。 もちろん、神話に動物が登場するのは日本だけではありません。世界中で語り …

世界の神話 北欧神話の神々 ロキ

偽りの根源とされるロキ。 アース神族に迎え入れられましたが、最終的にはラグナロクで巨人族の力添えをしました。