政治

一般市民のオバマ!トランプ大統領の入国禁止令を強烈に批判

投稿日:2017年1月31日 更新日:


バラク・オバマ前大統領は30日、物議を読んでいるドナルド・トランプ現大統領の入国禁止令について声明を発表して、禁止令に反対する人々を支持して、信仰や宗教が理由で個々人を差別する考えには同意できないと述べました。

これは、トランプの大統領としての仕事に退任以来初めてオバマ前大統領が口をはさんだことでした。

大統領としての最後の記者会見中にオバマ前大統領は、米国の中心的な価値観が危機にさらされる体形的な差別政策をトランプが制定するなら、黙っていないぞと述べていました。

「スポンサーリンク」

ここにオバマ前大統領の報道官であるケヴィン・ルイス氏の声明を載せます。

オバマ大統領は全米に抗議行動が広がっていることに「心を強くしている」しています。大統領としての最後の演説で市民の重要な役割と如何にアメリカ人が自分たちの民主主義の守護者であるかという責任を持つかについて語っていましたからね。

 

憲法で保障されている集会や団結の権利、そして公職員に自分の声を届けるという権利を行使する市民の姿こそ、米国の価値観が危機にさらされている時まさにわれわれが目にしたいと期待するものです。

 

オバマ大統領の外交政策決定との対比に関連し、前に聞いたように、大統領は基本的に信仰や宗教のために個人に対する差別という概念には同意していません。

引用元(Obama Just Spoke Out Against Trump’s Travel Ban

 

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

「安保法案」に反対する日本仏教界の危機感のなさ

不殺生祈りの会  先日9月10日に、愛媛県内の僧侶らで組織される「不殺生祈りの会」が安全保障関連法案(以下、安保法案)に反対して、座禅座り込みを行った。僧侶と市民ら約15名が通行人に「日本を戦争ができ …

韓国仏像盗難事件!根拠もないのに韓国の寺へ引き渡す判決が下る【おかしな判決】

韓国のことにはあまりふれたくないのですが、「韓国!ちょっと、これはひどすぎるぞ」ということで、韓国仏像盗難事件について記述します。 「おい、またかよ。韓国、またかよ」と思う人がいるかもしれませんが、ま …

インドと中国、チベット医学「ソワ・リッパ」を巡る争い【ユネスコが舞台】

インドと中国は長年対立しているが、最近はチベット医学(ソワ・リッパ)を巡り争いが勃発しているようだ。本記事では、チベット医学を巡る両国の争いを紹介する。 ※翻訳元:The New York Times …

草薙・香取・稲垣がジャニーズ事務所を離脱。いや、もっと伝えることあるだろ【フィリピンのミンダナオ島がやばい】

フィリピンミンダナオ島でISを支持するグループがマラウィ市を占拠し、世界が衝撃をうけている。 しかし、そんなことはどこ吹く風。日本は今日も平和ボケといった様相である。

完成前に崩落!中国企業が手掛けたケニアの橋落ちる 総工費14億円

一体一路構想を掲げ、アフリカでも多くの対アフリカプロジェクトを持つ中国だが、ケニアで中国企業が建設途中だった橋が崩落した模様。