政治

一般市民のオバマ!トランプ大統領の入国禁止令を強烈に批判

投稿日:2017年1月31日 更新日:


バラク・オバマ前大統領は30日、物議を読んでいるドナルド・トランプ現大統領の入国禁止令について声明を発表して、禁止令に反対する人々を支持して、信仰や宗教が理由で個々人を差別する考えには同意できないと述べました。

これは、トランプの大統領としての仕事に退任以来初めてオバマ前大統領が口をはさんだことでした。

大統領としての最後の記者会見中にオバマ前大統領は、米国の中心的な価値観が危機にさらされる体形的な差別政策をトランプが制定するなら、黙っていないぞと述べていました。

「スポンサーリンク」

ここにオバマ前大統領の報道官であるケヴィン・ルイス氏の声明を載せます。

オバマ大統領は全米に抗議行動が広がっていることに「心を強くしている」しています。大統領としての最後の演説で市民の重要な役割と如何にアメリカ人が自分たちの民主主義の守護者であるかという責任を持つかについて語っていましたからね。

 

憲法で保障されている集会や団結の権利、そして公職員に自分の声を届けるという権利を行使する市民の姿こそ、米国の価値観が危機にさらされている時まさにわれわれが目にしたいと期待するものです。

 

オバマ大統領の外交政策決定との対比に関連し、前に聞いたように、大統領は基本的に信仰や宗教のために個人に対する差別という概念には同意していません。

引用元(Obama Just Spoke Out Against Trump’s Travel Ban

 

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

GHQ’s War Guilt Information Programa to Japan after the World War II

In world history, there are no examples where the occupation policy of victorious countries has been …

「ニュース女子」問題で東京新聞が同社の長谷川論説副主幹を処分か? 問われるメディアとしての姿勢

東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が同社から言論の自由の弾圧をうける可能性があります。 「スポンサーリンク」 ことの経緯 沖縄の高江ヘリパッド建設反対運動に批判的な見解を示した東京MXテレビの番組「ニュー …

no image

「安全保障関連法」に反対を表明している仏教の宗派のまとめ

 本記事では、「安全保障関連法(以下、安保法)」に反対している仏教の宗派を調査した内容を記述する。 「スポンサーリンク」 調査方法  「安保法案 仏教」とGoogle検索をすると「安保法に反対する仏教 …

世界で最も厳しい銃規制法がある国ランキング【まとめ】

「外国に行きたいけど、銃が怖い」 「ちゃんとした銃規制している国ってどこだろう?」   なんて人に向けて、この記事は書いていますよ。   海外に旅行に行きたいけど、銃ってこわいです …

インドと中国、チベット医学「ソワ・リッパ」を巡る争い【ユネスコが舞台】

インドと中国は長年対立しているが、最近はチベット医学(ソワ・リッパ)を巡り争いが勃発しているようだ。本記事では、チベット医学を巡る両国の争いを紹介する。 ※翻訳元:The New York Times …