政治

一般市民のオバマ!トランプ大統領の入国禁止令を強烈に批判

投稿日:2017年1月31日 更新日:


バラク・オバマ前大統領は30日、物議を読んでいるドナルド・トランプ現大統領の入国禁止令について声明を発表して、禁止令に反対する人々を支持して、信仰や宗教が理由で個々人を差別する考えには同意できないと述べました。

これは、トランプの大統領としての仕事に退任以来初めてオバマ前大統領が口をはさんだことでした。

大統領としての最後の記者会見中にオバマ前大統領は、米国の中心的な価値観が危機にさらされる体形的な差別政策をトランプが制定するなら、黙っていないぞと述べていました。

「スポンサーリンク」

ここにオバマ前大統領の報道官であるケヴィン・ルイス氏の声明を載せます。

オバマ大統領は全米に抗議行動が広がっていることに「心を強くしている」しています。大統領としての最後の演説で市民の重要な役割と如何にアメリカ人が自分たちの民主主義の守護者であるかという責任を持つかについて語っていましたからね。

 

憲法で保障されている集会や団結の権利、そして公職員に自分の声を届けるという権利を行使する市民の姿こそ、米国の価値観が危機にさらされている時まさにわれわれが目にしたいと期待するものです。

 

オバマ大統領の外交政策決定との対比に関連し、前に聞いたように、大統領は基本的に信仰や宗教のために個人に対する差別という概念には同意していません。

引用元(Obama Just Spoke Out Against Trump’s Travel Ban

 

-政治

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

北朝鮮への旅行者が気を付けるべき 10の事実【まとめ】

日本は現在北朝鮮により危険にさらされています。よくミサイルがEEZ内にぶち込まれますし、日本人の拉致問題も解決していません。 しかし、こんな時にこそ敵を知る必要があるのかもしれません。 その一つが旅行 …

no image

「不殺生祈りの会」安保法案反対を訴え

「安保法案認めない」 不殺生祈り僧侶ら座禅(愛媛新聞ONLINEより) 2015年9月10日、愛媛県内の僧侶らで組織する「不殺生祈りの会」が松山市湊町5丁目の坊っちゃん広場で安全保障関連法案反対を訴え …

no image

「安保法案」に反対する日本仏教界の危機感のなさ

不殺生祈りの会  先日9月10日に、愛媛県内の僧侶らで組織される「不殺生祈りの会」が安全保障関連法案(以下、安保法案)に反対して、座禅座り込みを行った。僧侶と市民ら約15名が通行人に「日本を戦争ができ …

ヘイトの名を借りた言論封殺!「ニュース女子」を批判するメディアのファシズム事始め

・・・・・・恐ろしい。紛れもない言論の自由の圧殺。 沖縄・高江ヘリパッド移設問題についての放送で「ニュース女子」への批判が高まり、複数のメディアがニュース女子への言論圧殺を積極的に行っているようです。 …

no image

「安全保障関連法」に反対を表明している仏教の宗派のまとめ

 本記事では、「安全保障関連法(以下、安保法)」に反対している仏教の宗派を調査した内容を記述する。 「スポンサーリンク」 調査方法  「安保法案 仏教」とGoogle検索をすると「安保法に反対する仏教 …