ビジネス

6種類の利益性の高い家畜【小規模農家版】

投稿日:2017年5月24日 更新日:


家族経営はとても小さな経営規模になります。

そのため、利益性の高い事業でなくてはなかなか続きません。

ということで、ここでは小規模農場が儲けることができる6つの家畜についてご紹介します。

「スポンサーリンク」

6. 魚(Fish)

ん?と思うかもしれませんが、魚も家畜に分類できます。

魚の養殖は、利益性は高いですが、必須な条件があります。

それは、土地が水路に隣接しているということです。

それに、養殖するための囲いも作る必要があります。

これら基本的なポイントを抑えることで、多くの魚を市場に卸すことができるので、魚の養殖は利益を生み出します。

うーむ・・・・・・、水場の確保か。難しそうですね。

5. うさぎ(Rabbits)

うさぎの飼育は、比較的容易で安価です。また、スペースもあまりとりません。

ウサギ小屋が必要です。または、外で放し飼いもいいですが、野菜や植物を食い荒らすので注意が必要です。

肉と毛皮、それにフン(有機肥料の材料)が売却対象です。

「スポンサーリンク」

4. 羊(Sheep)

羊は、なかなか飼育しやすい動物です。

1000種類ちかくある品種の中から、生産する製品に合わせて飼育するものを選びます。肉を主に出荷するのか?それとも、羊毛なのか?

生産する製品は市場のニーズに合わせるため、それにより品種も選ぶことになるでしょう。

さらに、その品種の中でも純粋種を選ぶことが重要です。理由は、最高価格がつくのは純粋種だからです。品種を混ぜないようにしましょう。

羊の飼育を開始した当初は、かなりの忍耐力が必要になってきます。

理由は、羊は臆病な性格をしているため、扱いが難しいからです。

そして、羊の健康のためには、充分に体を動かせるだけの広い土地の用意が必要です。

そらから、夜間、雨や寒い日、冬を過ごすための畜舎も必要です。

3. アンゴラヤギ(Angora goats)

アンドラヤギはとても経済的な動物です。理由は、あまり手をかける必要がないからです。その辺の樹木や草を食べて生きていけます。

肉とかミルクやチーズがヤギから取れますが、それよりも毛に収益性があります。

年に2回、毛を刈ることができます。

2. ミツバチ(Honeybees)

ハチミツの他に、みつろう(ろうそくの原料)や人気のあるロイヤルゼリーが主な製品になります。

巣箱を設置するのに適した土地が必要で、必要に応じて春に牧草地へ巣箱を移動することも必要です。

1.4キログラムのミツバチがいれば、約16000円($150)くらいにはなるでしょう。

1. にわとり(Chicken)

にわとりは、おそらく飼育するのに最も簡単な家畜になります。

計算によると、4羽のニワトリから卵を売ることで得られる月あたりのネット価格は5000~6000円くらいになります。

「スポンサーリンク」

-ビジネス
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

100ドル未満で始められる!ちょっとした5つの事業案 【まとめ】

さあ、ビジネスを始めよう。 ということで、興味深い英語の記事を見かけたため、翻訳してみました。以下、翻訳です。 ごくごく小さな事業を起こすのに興味があるんだけれど、どんな種類のサービスとか製品を売れば …

従業員数多い会社ランキング トップ10【まとめ】

会社を見る指標にはいろいろあります。総資産や純利益など、いろいろです。 本記事ではその中でも従業員数が多い会社に焦点をあてて、ランキング形式でご紹介します。 それでは、どうぞ。 ※109円/US$で計 …

世界最大のスーパーマーケットのチェーン店はどこだ? 10選【セブンイレブン、ウォールマート・・・】

世界で最も大きいスーパーマーケットのチェーン店とはどこなのでしょうか? 大きいと言ってもいろいろありますが、本記事では店舗数に注目してみました。 それでは、どうぞ!

世界で最も成功したファーストフードのチェーン店 10選【マクドナルド、KFC・・・】

世界で最も成功したファーストフードのチェーン店はどこでしょうか? それでは、どうぞ! ※組織全体の売上高(system-wide sales)をもとにランキングづけ。109円/US$で計算。

アメリカで最も古い/歴史のある会社 11社【現存】

アメリカで最も歴史があり現在も運営している会社はどこでしょうか? 日本でなら、いろいろと聞きます。平安時代からとか、江戸時代からとか。 ですが、アメリカはどうなのでしょうか? それでは、アメリカで最も …