動物

家に巨大グモが出現。大きすぎるアシダカグモに住人は恐怖!

投稿日:


数十年も生きていれば遭遇するが、巨大グモというやつは心底恐ろしい。今日は、オーストラリアで起こった巨大グモ騒動をご紹介する。

「スポンサーリンク」

オーストラリアで巨大グモ!

オーストラリアのクイーンズランド州在住のローレン・アンセル氏が、ボーイフレンドと夕食を作っていたその夜に悲劇は始まった。

そう、招かれざる客がやって来たのだ。

▼招かれざる脚。ぎゃー、怖すぎる。写真を見ているだけで背中がぞわっとする。

▼この巨大グモは「アシダカグモ」という種類。極端に危険なクモではないが、怒っているときは咬むので要注意。

▼ガラス窓のすぐ外にいるアシダカグモ。もう、料理どころではない。

▼アンセル氏のボーイフレンドがガラスのドアでクモを攻撃。軽傷を負ったクモは後退したらしいが……。

アンセル家を襲った巨大グモは、一応どっかにいったらしい。しかし、油断は禁物でいつ家の中に侵入してくるか分からない。

アンセル氏は、「ハリーポッターから拝借してこのクモに『アラゴグ』というニックネームをつけたわ」と言い、

「クモが禁じられた森に行ってくれるといいんだけど…」と地元のメディアに語った。

地元メディアにアンセル氏が語った言葉が、彼女の恐怖心を物語っているだろう。願わくば、これ以上の悲劇が起こらなければいいが……。

「スポンサーリンク」

アシダカグモとは?

▼アシダカグモ。

アシダカグモ(脚高蜘蛛、学名:Heteropoda venatoria)は、アシダカグモ科に属するクモの一種。

人家に棲息する大型のクモとしてよく知られている。徘徊性で、網を張らず、歩き回って獲物を捕らえる。

Wikipedia

 

体長は雌で20-30mm、雄では10-25mmに達し、全長(足まで入れた長さ)は約100mm-130mmで、足を広げた大きさはCD1枚分くらい。オスはメスより少し体が小さく、やや細身で、それに触肢の先がふくらんでいる。

 

その大きさから毒グモと勘違いされることも多いが、人間に影響する強い毒は持たない。同じくゴキブリなどを捕食するムカデとは違い、人間に対しての咬害も起こらない。基本的に臆病で、人間が近寄ると素早く逃げようとする傾向が強く、近くの壁を叩くなどの振動にも敏感に反応する。ただし、素手で掴み上げるなどすると、防衛のため大きな牙で噛みつかれる場合がある。

「スポンサーリンク」

-動物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ネコとカメ、世紀の大合戦【ネコパンチvsロケット頭突き】

仲の悪いもののことを犬猿の仲と言う。だが、何も犬と猿だけが仲が悪いわけではない。本記事ではネコとカメの世紀の戦いをご紹介する。

空港の安全を守る空港犬 Piperに密着【バードストライクを防止】

人知れず空港の安全を守る犬が米国にいることをご存知だろうか? 本日は空港で働いている空港犬についてその仕事ぶりをご紹介する。

食事の時間だワン。エサの音を聞きつけた犬のリアクションが話題沸騰!

犬は食事がとっても大好き。そんなこたー、周知の事実だと思う。この記事では犬好きの皆さんにまさに食事が大好きな犬をご紹介する。

マイナーリーグのバットドッグ、バットの代わりに敵ピッチャーのボールを回収!

ヤンキース傘下のAAチーム「トレントン・サンダー」のバットドッグであるルーキーが、AAAチームに昇進したがすぐに降格した話。

世界で最も危険な毒グモベスト10

皆さん、外来生物を知っていますか? 日本には本来いなかったが、人間活動が理由で国内に侵入する生物のことを言います。日本本来の生態系破壊などにつながるため、問題視されています。 そんな中でも特に怖いのが …