神話 ギリシャ神話

世界の神話 ギリシャ神話の幻獣たち ミノタウロス編

投稿日:2017年1月30日 更新日:


世界にはたくさんの神話があり、その中にたくさんの動物が登場します。

本シリーズでは、その中でもギリシャ神話に登場する動物に焦点をあてます。そして、その第八回目である本記事は、ミノタウロスを紹介したいと思います。

牛頭人身の怪物「ミノタウロス」

ミノタウロスという名前は「ミノスの牡牛」という意味です。なぜ、ミノスの牡牛という意味なのでしょうか? この謎にせまるためにはミノタウロスの誕生の経緯を解き明かさなくてはなりません。

いきさつはこうです。

クレタ島にはポセイドーンに感謝して牛をささげるという儀式があり、その年もいつものように牛をささげることになりました。

しかし、クレタ王ミノスはこの年の生贄である白い牡牛を気に入っていまい、別の牛をポセイドーンに渡してしまったのです。初めは返すと約束してしばらく預かっていただけなのですが、後にやはりおしくなり別の牛を渡してしまったのです。

つまり、クレタ王ミノスはポセイドーンとの約束を違えたのでした。

約束が破られたことを知ったポセイドーンは怒って、ミノスに罰を与えます。神との約束は神との契約です。神は契約破りには厳しいのです。なんと、ミノスの妻であるパーシパエーに「白い牡牛に欲情する」呪いをかけたのです。

その結果、パーシパエーは白い牡牛と交わってしまい、生まれたのがミノタウロスというわけです。

ミノス王の関係者ということで「ミノスの牡牛」というわけです。

「スポンサーリンク」

迷宮の主「ミノタウロス」の最後

このように生まれたミノタウロスですが、成長するにしたがい手に終えなくなったので、ミノス王は迷宮を作り彼をそこに閉じこめました。

ミノス王「ダイダロスよ。迷宮を作るのじゃ。きゃつめ、もはや手におえぬ」

そして、アテネから、7人の少年と7人の少女が9年ごとに食料として迷宮に送られることになったのです。

アテネ市民「なんというむごいことを。しかし、我らには・・・・・・」

・・・・・・しばらくして、ついにミノタウロスの最後がやってきます。

2度送られた生贄ですが、なんと、アテネの英雄であるテーセウスが3度目の時にもぐりこんでいたのです。

テーセウス「悪逆非道の数々。もはや、捨て置けぬ」

そうして、迷宮に侵入することに成功したテーセウスによりミノタウロスは成敗されてしまうのでした。

テーセウス「いざ、覚悟。成敗」

ミノタウロス「くそ・・・・・・、こんなところで」

めでたし、めでたし。

いかがでしたか?

どうでしたか? 私はなんだかこの牛頭の怪人「ミノタウロス」には同情してしまいます。牛頭で生まれたこともそうですが、誕生の経緯とか知ってたと思うんですよ。だとしたら、・・・・・・。グインはすごいですね。

「スポンサーリンク」

-神話, ギリシャ神話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界の神話 日本神話の神々 ツクヨミノミコト編

三貴子であり、月の神であるツクヨミノミコト。 太陽神であるアマテラスオオミカミに比べて、月の神であるツクヨミノミコトの登場シーンは多くありません。 しかし、数少ない登場シーンにおいて、食物を生み出すと …

世界の神話 ギリシャ神話の神々 デメテル編【豊穣の女神】

オリュンポス12神の一柱であるデメテル。 デメテルの名前には、「母なる大地」という意味があります。これは、大地と生産力を守護する豊穣の女神であるデメテルにピッタリの名前だと言えます。 さて、このデメテ …

世界の神話 ギリシャ神話の神々 ハデス編【冥界の王】

クロノスとレアの子供。忌み嫌われている冥界の王。 しかし、オリュンポス12神に勝るとも劣らない高位の神です。

no image

世界の神話 オセアニア神話

オセアニア神話は南太平洋の島々に伝わる神話です。 もともと起源は同一だったようですが、各島や部族ごとに独自の進化を遂げていきました。

世界の神話 日本の神々 イザナギノミコト【古事記】

国と神を妻と共に生み出したイザナギノミコト。 妻であるイザナミノミコトの死を乗り越えて、「三貴子(みはしらのうずのみこ、さんきし、さんきしん)」という尊い三柱の神々を生み出しました。