動物

事故で息子を亡くした一人の男が300匹以上の野良ネコを救う話

投稿日:


 ニューヨーク州のロング・アイランドに住むクリス・アンドリューは、野良ネコの保護施設を運営している。

その理由と、活動を追ってみた。

「スポンサーリンク」

クリス・アンドリューと、ネコちゃんズ

▼ネコ保護施設「Happy Cat Sanctuary」にて。

facebook – Happy cat Sanctuary

中央でネコちゃんと戯れているのがクリス・アンドリュー。ネコ保護施設「Happy Cat Sanctuary」の運営をしている。

▼ネコちゃんズとたわむれるクリス。

facebook – Happy cat Sanctuary

以前クリスは鉄道会社で電車の車掌を務めていたが、当時24歳だった息子のエリックをオートバイの事故で亡くした。

だから、エリックの追悼のためにクリスは、自宅をネコの保護施設に改築し、300匹の野良ネコに安全で幸せな生活を用意すると決めた。

▼ネコちゃんズがまどろむ屋外施設。

facebook – Happy cat Sanctuary

それから、クリスはそれを実行に移して、自宅をネコの保護施設に改築した。

そしてその時に、ネコを救うことが自分の使命だとクリスは悟った。

▼ネコちゃんが植物に集まっている。ぐうかわいい。

使命を悟ったクリスはその後、ネコちゃんズの安全で幸せな生活のために全力で計画を実行に移してきた。

建物にネコ扉をつけたり、屋外でもネコちゃんが暖かく過ごせる施設を作ったりした。

▼屋内の様子。随所にネコちゃんズが過ごしやすい工夫がみられる。

facebook – Happy cat Sanctuary

屋内も充実させた。

床にはクッションが置き、ネコちゃんズが気持ちよく寝られるように工夫してある。

また、壁にはキャットウォークを作り、ネコちゃんズが移動したり寝転がったりできるようしている。

▼エサを食べるネコちゃんズ。

facebook – Happy cat Sanctuary

Happy Cat Sanctuaryは、献身的なボランティアと個人献金、助成金で運営されており、動物虐待や動物ネグレクトを撲滅する運動も行っている。

▼Happy Cat Sanctuaryの活動の様子。

活動に共感できる人はfacebookでフォローが可能。寄付も受け付けている。

「スポンサーリンク」

-動物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

猫をプールに投げ込もうとした少年、逆にプールにどぼんする

猫の祟りは恐ろしいというが、この少年に降りかかった災難を考えると本当かもしれない。

アメリカマイナーリーグの試合で審判に水を届ける犬が話題に【ゴールデン・レトリバー】

アメリカのマイナーリーグで審判に水を運んだ犬ジェイクがいまネット上で話題になっている。野球に興味のない人間にもジェイクがいるなら球場に足を運ぶ価値はありそうだ。

世界最強の犬ランキング トップ10【まとめ】

 世界で最も強い犬は何なのでしょうか? 本記事では、犬の強さを測定するために、大きさ、スピード、噛みつき力を考慮にいれました。 それでは、どうぞ。

最も価格・値段が高い犬種 16選【まとめ】

私は犬を飼っています。 その犬はぶちがかわいらしい犬なのですが、まあ雑種です。 ですが、世の中には生涯を共にするパートナーに数十万円かけるひともいます。 数十万円?どんな犬だ・・・・・・。 ということ …

暑い夏。どうしようもないので海の生物で涼んでみた【アシカ、クジラ、ホッキョクグマ】

暑い。暑すぎる。夏だから暑いのは当たり前だが、それにしても暑すぎる。こんな時には風鈴でも聞いて……、風鈴ない。 風鈴がないなら、それに代わるものは? スイカ? スイカ食べたが、美味しかっただけ。扇風機 …