神話 ギリシャ神話

世界の神話 ギリシャ神話の幻獣たち ケートス編

投稿日:2017年1月27日 更新日:


日本の神話にはたくさんの動物が登場します。お稲荷さんであったり狛犬であったり、いろいろな姿で登場して神様につかえていたりします。

もちろん、神話に動物が登場するのは日本だけではありません。世界中で語り継がれてきた神話の中にもたくさんの動物が登場します。

本シリーズでは、その中でもギリシャ神話に登場する動物に焦点をあてます。そして、その第一回目である本記事は、ケートスを紹介したいと思います。

「スポンサーリンク」

海の暴れ者「ケートス」

ケートスちゃん by 九条 さん

ケートスという名前は「海獣」という意味です。海獣というのはクジラ類とかアザラシとかを指しますが、ギリシア神話においては海獣の要素をあわせもつ怪物として登場します。

その姿は、

鯨やイルカのような大きく膨れた胴体に犬の頭部を持ち、下半身は魚。尾鰭は扇形で二つに割れている。

出典:Wikipedia

ケートスの誕生については諸説あり、主神であるゼウス、もしくは海の神であるポセイドーンが作り出したとも、テューポーンとエキドナの間に生まれたとも言われています。

よく言われる話では、ケートスはポセイドーンにより作り出され、エチオピア人の国を破壊するために送り込まれます。

エチオピアの王妃であるカシオペアが「自分の美しさは女神ヘーラーや精霊ニュムペーより上である」と自慢したことが、ポセイドーンの耳に入り怒りをかったからだと、言われます。

石化した「ケートス」

予言がなされ、王妃であるカシオペアがケートスを鎮めて国を救うためには、娘であるアンドロメダを生贄にささげるしかありませんでした。そうして、生贄にささげられるために、アンドロメダは海の上の岩にしばりつけられました。

・・・・・・アンドロメダはケートスに食われてしまいま・・・・・・せんでした。

なんと、怪物メドゥーサを退治したという英雄「ペルセウス」がちょうど通りかかり、メドゥーサの石化能力によってケートスを石に変えてしまったのです。

「スポンサーリンク」

 

-神話, ギリシャ神話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界の神話 アステカ神話とマヤ神話

メソアメリカ文明には、天文知識と優れた建築技術がありました。 また、彼らには信仰する太陽神がおり、生贄を祭壇に捧げていました。

世界の神話 インカ神話

インカ神話は、諸民族の伝承や古代文明を取り込みながら形成されました。 歴代支配者の権力の象徴が、最高神インティです。

ギリシャ神話 ヘパイストス編【ヘラの息子】

ギリシャ神話の女王である女神ヘラの子供であるヘパイストス。 容姿のせいで、生まれてすぐに下界に捨てられてしまいます。 しかしながら、ヘパイストスはこれぐらいではへこたれませんでした。 一生懸命に鍛冶の …

世界の神々 日本神話 イザナミノミコト編【イザナギの妻】

夫であるイザナギノミコトと共に国生みと神生みをした女神イザナミノミコト。 しかし、カグツチの神を誕生させた際に亡くなり、恐ろしい黄泉の神へなったのでした。

世界の神話 ギリシャ神話 ヘラクレス編

ギリシャ神話において一番の人気者、英雄ヘラクレス。 ゼウスの妾腹の子供だったため正妻であるヘラの嫉妬の嵐が吹き荒れますが、その後に、さまざまな功績をあげて英雄としての名をあげていくのでした。