神話

世界の神話 インカ神話

投稿日:


インカ神話は、諸民族の伝承や古代文明を取り込みながら形成されました。

歴代支配者の権力の象徴が、最高神インティです。

「スポンサーリンク」

改編された神話

ケチュア族によって13世紀ころに作られたのが、インカ神話です。

チャビン文明やナスカ文明などの古代文明が帝国の成立以前にも彼らが住むアンデス地方には存在していましたが、現在となってはその伝承を知ることはかないません。

理由は、インカ帝国を創立したケチュア族によってそれら伝承は作り替えられたふしがあるからです。

アンデスに住む諸民族には文字文化がなかったため、覇権を握った民族に口伝による伝承は上塗りされていきました。

このようにして、インカ神話が最後に残ったのです。

ただし、このインカ神話にしても我々が知ることができるのは、インカ帝国を滅ぼしたスペイン人によって記録された一部の伝承だけです。

また、元来の神話とはこれも違う可能性が指摘されています。理由は、キリスト教的な改編があったとされるからです。

太陽神インティと権力者

太陽神インティがインカ神話の最高神です。

もともとは、創造神ビラコチャが最高神であり、またインティはビラコチャから誕生した神です。

しかし、太陽が重要であるという思想がインカにはありましたので、最高神の座がビラコチャからインティに移ったというわけです。

さて、各時代の統治者にもインティの権威は利用されました。

インカ帝国の前にあったクスコ王国の初代カパック王をはじめ、「インティの現人神」であると歴代の支配者はされました。

 

 

「スポンサーリンク」

-神話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界の神話 ギリシャ神話 ヘラクレス編

ギリシャ神話において一番の人気者、英雄ヘラクレス。 ゼウスの妾腹の子供だったため正妻であるヘラの嫉妬の嵐が吹き荒れますが、その後に、さまざまな功績をあげて英雄としての名をあげていくのでした。

no image

世界の神話 日本神話の神々 アマテラスオオミカミ

まばゆい光を全身から発して天上・地上を照らす太陽神たるアマテラスオオミカミ。 弟のスサノオノミコトの所業に機嫌を悪くして引きこもるなど、人間味のある一面も見せる女神です。

世界の神話 ギリシャ神話の神々 エロス編【キューピッド】

愛の神であるエロス。日本においては、愛のキューピットのイメージがあります。 そんなエロスですが、黄金の矢と鉛の矢という二種類の矢を有しています。

ギリシャ神話 アレス編【最弱の軍神】

主神ゼウスと女神ヘラの間に生まれた嫡流の王子がアレスです。 しかし、これ以上ないというほどの血統のもとに生まれたアレスですが、神話史上最も最弱な軍神と言われるようになかなか情けないエピソードが多いよう …

no image

世界の神話 ギリシャ神話の幻獣たち エキドナ編

世界にはたくさんの神話があり、その中にたくさんの動物が登場します。 本シリーズでは、その中でもギリシャ神話に登場する動物に焦点をあてます。そして、その第十回目である本記事は、エキドナを紹介したいと思い …