政治

兵庫県知事選に立候補した勝谷誠彦氏のイメチェンが話題沸騰【だれこれ?】

投稿日:


兵庫県知事選に立候補した勝谷誠彦氏がすっかりイメージチェンジしたと巷で話題になっている。

全くの別人!?蝶ネクタイをして完全に坊ちゃん化している

勝谷誠彦氏といえば一般社会から距離を置き己の道を行っているような印象があったが、今回の選挙出馬に際しては完全にぼのぼんのお坊ちゃんという雰囲気になっている。青いスーツに青い蝶ネクタイ、そしてフツーの眼鏡。いや、やはり一般社会とは一線を画しているようだ。

悪い雰囲気を一掃して一般社会から広く受け入れられるようにイメチェンしたのであろうが、これはこれで受け入れがたい仕上がりになっている。

▼往時の勝谷誠彦氏。この2人が別人なら一生会うことはないだろう。

選挙というものはそんなもんなのだろう。

▼爽やかさをアピール。笑顔で、拳を握るポーズ。これが選挙戦略なのだろう。

▼講演会のポスター。毒気が全て抜け落ちてしまっている。同一人物とは思えない。

往時の勝谷氏と現在の勝谷氏、全くの別人かと思うほど変貌を遂げている。これでは恐らくテレビ時代からのファンも同一人物とは分からない気がする。コアなファンもいる勝谷氏。選挙戦略はこれで正しいのだろうか?

ちなみに母親の遺言で政治家は禁止されていた模様

往時のイメージを払拭し政治家を目指している勝谷氏だが、母親の遺言で実は政治家になることは禁止されていたようだ。

母が亡くなる前に、お前は役者と政治家と教祖はやってはいかんと。ものすごく世の中に迷惑をかけるから。たぶん、向いているとお前は。だけど、その3つはやっちゃあだめだと。

参照:たかじんのそこまで行って委員会

まとめ

このように昔の勝谷氏とは雰囲気を一変して選挙を戦っている。選挙ではとにかく票を集めることが重要なため、できるだけ万人に受け入れられるイメージにしたのだろう。

そう考えると、ちょっと悪者的な感じを捨てさりイメージを一新したいのはうなずける。だが、あの蝶ネクタイの坊ちゃん姿はいただけない。万人にも受け入れられ、勝谷氏のイメージを損ねない折衷案はなかったのだろうか? 今後の勝谷氏に期待したい。

 

-政治
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Before World War II was Japan militarism?

Was Japan really militarism before World War II? In this article we will discuss that.

完成前に崩落!中国企業が手掛けたケニアの橋落ちる 総工費14億円

一体一路構想を掲げ、アフリカでも多くの対アフリカプロジェクトを持つ中国だが、ケニアで中国企業が建設途中だった橋が崩落した模様。

草薙・香取・稲垣がジャニーズ事務所を離脱。いや、もっと伝えることあるだろ【フィリピンのミンダナオ島がやばい】

フィリピンミンダナオ島でISを支持するグループがマラウィ市を占拠し、世界が衝撃をうけている。 しかし、そんなことはどこ吹く風。日本は今日も平和ボケといった様相である。

GHQ’s War Guilt Information Programa to Japan after the World War II

In world history, there are no examples where the occupation policy of victorious countries has been …

獣医師会の犬!?、民進党・玉木雄一郎「加計学園は白紙にしてくれ」【加計学園 閉会中審査】

加計学園問題で一貫して獣医師会の立場から意見を述べてきた民進党の玉木雄一郎議員。 本日24日に行われた閉会中審査でも、その姿勢は変わることがなかったようだ。