政治

兵庫県知事選に立候補した勝谷誠彦氏のイメチェンが話題沸騰【だれこれ?】

投稿日:


兵庫県知事選に立候補した勝谷誠彦氏がすっかりイメージチェンジしたと巷で話題になっている。

全くの別人!?蝶ネクタイをして完全に坊ちゃん化している

勝谷誠彦氏といえば一般社会から距離を置き己の道を行っているような印象があったが、今回の選挙出馬に際しては完全にぼのぼんのお坊ちゃんという雰囲気になっている。青いスーツに青い蝶ネクタイ、そしてフツーの眼鏡。いや、やはり一般社会とは一線を画しているようだ。

悪い雰囲気を一掃して一般社会から広く受け入れられるようにイメチェンしたのであろうが、これはこれで受け入れがたい仕上がりになっている。

▼往時の勝谷誠彦氏。この2人が別人なら一生会うことはないだろう。

選挙というものはそんなもんなのだろう。

▼爽やかさをアピール。笑顔で、拳を握るポーズ。これが選挙戦略なのだろう。

▼講演会のポスター。毒気が全て抜け落ちてしまっている。同一人物とは思えない。

往時の勝谷氏と現在の勝谷氏、全くの別人かと思うほど変貌を遂げている。これでは恐らくテレビ時代からのファンも同一人物とは分からない気がする。コアなファンもいる勝谷氏。選挙戦略はこれで正しいのだろうか?

ちなみに母親の遺言で政治家は禁止されていた模様

往時のイメージを払拭し政治家を目指している勝谷氏だが、母親の遺言で実は政治家になることは禁止されていたようだ。

母が亡くなる前に、お前は役者と政治家と教祖はやってはいかんと。ものすごく世の中に迷惑をかけるから。たぶん、向いているとお前は。だけど、その3つはやっちゃあだめだと。

参照:たかじんのそこまで行って委員会

まとめ

このように昔の勝谷氏とは雰囲気を一変して選挙を戦っている。選挙ではとにかく票を集めることが重要なため、できるだけ万人に受け入れられるイメージにしたのだろう。

そう考えると、ちょっと悪者的な感じを捨てさりイメージを一新したいのはうなずける。だが、あの蝶ネクタイの坊ちゃん姿はいただけない。万人にも受け入れられ、勝谷氏のイメージを損ねない折衷案はなかったのだろうか? 今後の勝谷氏に期待したい。

 

-政治
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「ニュース女子」問題で東京新聞が同社の長谷川論説副主幹を処分か? 問われるメディアとしての姿勢

東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が同社から言論の自由の弾圧をうける可能性があります。 「スポンサーリンク」 ことの経緯 沖縄の高江ヘリパッド建設反対運動に批判的な見解を示した東京MXテレビの番組「ニュー …

no image

「安全保障関連法」に反対を表明している仏教の宗派のまとめ

 本記事では、「安全保障関連法(以下、安保法)」に反対している仏教の宗派を調査した内容を記述する。 「スポンサーリンク」 調査方法  「安保法案 仏教」とGoogle検索をすると「安保法に反対する仏教 …

加計めぐる証言、守秘義務違反?許せ―ん。でも、尖閣映像事件では?【朝日新聞の論調比較】

加計学園に関連する文科省文書流出事件について、自民党の義家弘介 文部科学副大臣は、内部告発者が国家公務員法100条の守秘義務に違反する可能性を示唆した。 これに対し、朝日新聞は、自由党の森ゆうこ議員や …

インドと中国、チベット医学「ソワ・リッパ」を巡る争い【ユネスコが舞台】

インドと中国は長年対立しているが、最近はチベット医学(ソワ・リッパ)を巡り争いが勃発しているようだ。本記事では、チベット医学を巡る両国の争いを紹介する。 ※翻訳元:The New York Times …

完成前に崩落!中国企業が手掛けたケニアの橋落ちる 総工費14億円

一体一路構想を掲げ、アフリカでも多くの対アフリカプロジェクトを持つ中国だが、ケニアで中国企業が建設途中だった橋が崩落した模様。