政治

兵庫県知事選に立候補した勝谷誠彦氏のイメチェンが話題沸騰【だれこれ?】

投稿日:


兵庫県知事選に立候補した勝谷誠彦氏がすっかりイメージチェンジしたと巷で話題になっている。

全くの別人!?蝶ネクタイをして完全に坊ちゃん化している

勝谷誠彦氏といえば一般社会から距離を置き己の道を行っているような印象があったが、今回の選挙出馬に際しては完全にぼのぼんのお坊ちゃんという雰囲気になっている。青いスーツに青い蝶ネクタイ、そしてフツーの眼鏡。いや、やはり一般社会とは一線を画しているようだ。

悪い雰囲気を一掃して一般社会から広く受け入れられるようにイメチェンしたのであろうが、これはこれで受け入れがたい仕上がりになっている。

▼往時の勝谷誠彦氏。この2人が別人なら一生会うことはないだろう。

選挙というものはそんなもんなのだろう。

▼爽やかさをアピール。笑顔で、拳を握るポーズ。これが選挙戦略なのだろう。

▼講演会のポスター。毒気が全て抜け落ちてしまっている。同一人物とは思えない。

往時の勝谷氏と現在の勝谷氏、全くの別人かと思うほど変貌を遂げている。これでは恐らくテレビ時代からのファンも同一人物とは分からない気がする。コアなファンもいる勝谷氏。選挙戦略はこれで正しいのだろうか?

ちなみに母親の遺言で政治家は禁止されていた模様

往時のイメージを払拭し政治家を目指している勝谷氏だが、母親の遺言で実は政治家になることは禁止されていたようだ。

母が亡くなる前に、お前は役者と政治家と教祖はやってはいかんと。ものすごく世の中に迷惑をかけるから。たぶん、向いているとお前は。だけど、その3つはやっちゃあだめだと。

参照:たかじんのそこまで行って委員会

まとめ

このように昔の勝谷氏とは雰囲気を一変して選挙を戦っている。選挙ではとにかく票を集めることが重要なため、できるだけ万人に受け入れられるイメージにしたのだろう。

そう考えると、ちょっと悪者的な感じを捨てさりイメージを一新したいのはうなずける。だが、あの蝶ネクタイの坊ちゃん姿はいただけない。万人にも受け入れられ、勝谷氏のイメージを損ねない折衷案はなかったのだろうか? 今後の勝谷氏に期待したい。

 

-政治
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

「獣医師の給料を倍に」玉木雄一郎がブログを書き換え炎上

民進党の玉木雄一郎議員が、公務員獣医師不足を解決するために給料を倍にすればいい、とブログで主張していた件について、文章をいつの間にか書き換えていたことが分かった。 記事の比較。隠ぺいはすぐばれる。 ↓ …

ヘイトの名を借りた言論封殺!「ニュース女子」を批判するメディアのファシズム事始め

・・・・・・恐ろしい。紛れもない言論の自由の圧殺。 沖縄・高江ヘリパッド移設問題についての放送で「ニュース女子」への批判が高まり、複数のメディアがニュース女子への言論圧殺を積極的に行っているようです。 …

no image

「不殺生祈りの会」安保法案反対を訴え

「安保法案認めない」 不殺生祈り僧侶ら座禅(愛媛新聞ONLINEより) 2015年9月10日、愛媛県内の僧侶らで組織する「不殺生祈りの会」が松山市湊町5丁目の坊っちゃん広場で安全保障関連法案反対を訴え …

no image

一般市民のオバマ!トランプ大統領の入国禁止令を強烈に批判

バラク・オバマ前大統領は30日、物議を読んでいるドナルド・トランプ現大統領の入国禁止令について声明を発表して、禁止令に反対する人々を支持して、信仰や宗教が理由で個々人を差別する考えには同意できないと述 …

no image

「安保法案」に反対する日本仏教界の危機感のなさ

不殺生祈りの会  先日9月10日に、愛媛県内の僧侶らで組織される「不殺生祈りの会」が安全保障関連法案(以下、安保法案)に反対して、座禅座り込みを行った。僧侶と市民ら約15名が通行人に「日本を戦争ができ …