神話 ギリシャ神話

世界の神話 ギリシャ神話 ヘラクレス編

投稿日:2017年4月3日 更新日:


ギリシャ神話において一番の人気者、英雄ヘラクレス。

ゼウスの妾腹の子供だったため正妻であるヘラの嫉妬の嵐が吹き荒れますが、その後に、さまざまな功績をあげて英雄としての名をあげていくのでした。

「スポンサーリンク」

正妻ヘラの嫉妬パート1

ギリシャ神話には数多くの英雄が登場します。そして、ヘラクレスはその英雄の中でも最強とされます。

ヘラクレスの父親は主神ゼウスであり、母親はミュケネの王女であるアルクメネです。つまり、半神半人です。

ゼウスはヘラクレスをミュケネの王にするために、次に彼の血を継ぐものが生まれたときにはその子供をミュケネの王にするように宣言します。

しかし、ここでゼウスの本妻ヘラの嫉妬の嵐が吹き荒れます。なんと、ヘラは娘である出産の女神のエイレイテュイアに命じて、出産の順番を変更してしまったのです。

その結果、ヘラクレスの前にゼウスの血を引くエウリュステウスが誕生したため、彼は王位につけませんでした。

正妻ヘラの嫉妬パート2

ヘラの嫉妬の嵐はまだ吹き止みません。

成長したヘラクレスが結婚をして3人の子供を設けると、なんと彼を発狂させてしまいます。

そして、発狂したヘラクレスは子供3人を敵と勘違いして殺害してしまうのです。

その後、ヘラクレスは正気にもどり、罪を償うために神託を授かります。

こうして、ヘラクレスはミュケネの王に即位したエウリュステウスに使えて、さまざまな試練を乗り越えていくのでした。

ついに神へ

最終的には12の功績をあげたヘラクレスはついに自由の身になります。その後、ガイヤの命令で神々に差し向けられたギガンテスを破るなど、ヘラクレスは英雄としての名を高めていくのです。

ヘラクレスの死後には、半神半人の人の部分は消滅して神の部分だけが天上界に行きました。

そうして、ヘラクレスはゼウスに神として迎え入れられました。

「スポンサーリンク」

-神話, ギリシャ神話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界の神話 北欧神話の幻獣たち ヘル編

日本の神話にはたくさんの動物が登場します。お稲荷さんであったり狛犬であったり、いろいろな姿で登場して神様につかえていたりします。 もちろん、神話に動物が登場するのは日本だけではありません。世界中で語り …

ギリシャ神話 ディオニュソス編

ギリシャ神話の主神ゼウスと愛人であるデバイの王女セメレとの子供、酒の神ディオニュソス。 ゼウスの正妻であるヘラの嫉妬に苦しんだのちに独自の密儀を考案して、その結果、オリュンポス12神に迎えられます。

ギリシャ神話 アレス編【最弱の軍神】

主神ゼウスと女神ヘラの間に生まれた嫡流の王子がアレスです。 しかし、これ以上ないというほどの血統のもとに生まれたアレスですが、神話史上最も最弱な軍神と言われるようになかなか情けないエピソードが多いよう …

世界の神話 ギリシャ神話の幻獣たち ケンタウロス編

世界にはたくさんの神話があり、その中にたくさんの動物が登場します。 本シリーズでは、その中でもギリシャ神話に登場する動物に焦点をあてます。そして、その第六回目である本記事は、ケンタウロスを紹介したいと …

ギリシャ神話 ヘパイストス編【ヘラの息子】

ギリシャ神話の女王である女神ヘラの子供であるヘパイストス。 容姿のせいで、生まれてすぐに下界に捨てられてしまいます。 しかしながら、ヘパイストスはこれぐらいではへこたれませんでした。 一生懸命に鍛冶の …