神話 ギリシャ神話

ギリシャ神話 ヘラ編【ゼウスの正妻】

投稿日:2017年3月27日 更新日:


ヘラは、ギリシャ神話における天上の女王であり、また結婚の女神です。

しかし、結婚の女神でありながら、彼女自身は夫であるゼウスの女癖の悪さに悩み、嫉妬に苦しむ日々を送っていたようです。

「スポンサーリンク」

ゼウスによる救出

ヘラというのは「貴婦人」という意味を持ちます。主神たるゼウスの正妻であるヘラにピッタリの名前と言えるでしょう。

さて、このヘラですが弟であるゼウスに窮地を助けられています。

ヘラは神々の2代目の王であるクロノスとティタン神族の女神レアとの間に出来た子供でしたが、王位の簒奪を恐れたクロノスに飲み込まれてしまいます。

その後、ティタノマキアの前にゼウスはクロノスに嘔吐剤を飲ませて兄妹を助けていますが、その中の一柱がヘラだったのです。

結婚の女神ヘラ

ヘラは、結婚を司る女神です。つまり、結婚の女神です。

はじめは出産も同時に司っていましたが、こちらの方はのちに娘であるエイレイテュイアに譲っています。

そんなヘラの仕事は、結婚した女性の生活を見守り、幸せに生きていけるように女神の加護を与えることでした。

波乱に満ちた結婚生活

結婚した女性が幸せに生きていけるように加護を与える女神であるヘラ。

しかしながら、ヘラ自身の生活はその加護に反して波乱に満ちたものでした。

4人の女性との結婚の経験をゼウスは持ちますが、ヘラは5人目の妻にして、恒久の妻として正妻に選択されています。

が、ゼウスはヘラとの結婚後も女好きな性格だけはどうにもならなかったようで、ニンフや女神たちと何度も交わって、多くの隠し子を作りました。

恐ろしいヘラの嫉妬

ヘラがゼウスの正妻になった後もゼウスの女癖の悪さは治りませんでした。

そんな夫の浮気をヘラは許せるはずもなく嫉妬に狂いました。

・・・・・・そして、この嫉妬は何と浮気相手に向き、またその嫉妬はとても恐ろしいものでした。

  • 女神レトの場合:世界すべての場所においてレトの出産を禁じました。その結果、レトを9日間に渡り苦しい陣痛で苦しめました。
  • 妖精カリストの場合:カリストの姿を熊に変えました。そして、この熊を弓で殺すようにアルテミスに指示を出しました。
  • 王女アルクメネの場合:何度も何度も出産を妨害しました。そして、誕生した子供であるヘラクレスを恨んで発狂させました。

ゼウスによるお尻ぺんぺん

ゼウスが愛人に産ませたヘラクレスをヘラが虐待した時には、さすがのゼウスにも怒られたようです。

なんと、ギリシャで最も高い山であるオリュンポス山の山頂に宙づりにされたようです。

オリュンポス12神

ギリシャ神話 ゼウス編【ヘラの夫】

ギリシャ神話 ヘラ編【ゼウスの正妻】

ギリシャ神話 アテナ編【知恵と戦の女神】

ギリシャ神話 アポロン編

世界の神話 ギリシャ神話の神々 アフロディテ編【ヴィーナス】

ギリシャ神話 アレス編【最弱の軍神】

ギリシャ神話 アルテミス編【オリュンポス12神】

世界の神話 ギリシャ神話の神々 デメテル編【豊穣の女神】

ギリシャ神話 ヘパイストス編【ヘラの息子】

世界の神話 ギリシャ神話の神々 ヘルメス編

ギリシャ神話 ポセイドン編【オリュンポス12神のナンバー2】

ギリシャ神話 ディオニュソス編

「スポンサーリンク」

 

 

-神話, ギリシャ神話
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

世界の神話 ギリシャ神話の幻獣たち ラミア編

世界にはたくさんの神話があり、その中にたくさんの動物が登場します。 本シリーズでは、その中でもギリシャ神話に登場する動物に焦点をあてます。そして、その第九回目である本記事は、ラミアを紹介したいと思いま …

世界の神話 ハワイ神話【叙事詩クムリポ】

ポリネシア神話の流れをハワイ神話は汲んでいます。 ただし、独自の発展を長い歴史の果てに遂げてもいるのです。

ギリシャ神話 アルテミス編【オリュンポス12神】

オリュンポス12神の一柱であり、狩猟・純潔の女神であるアルテミスは後に月の女神にもなりました。 アルテミスは父ゼウスに永遠の純潔を誓い、それを侍女にも守らせましたが、それが原因で侍女の一人に悲劇が訪れ …

世界の神話 日本神話 ヤマトタケルノミコト編

日本神話における英雄ヤマトタケルノミコト。 制圧の旅に出て英雄としての名をあげていきますが、志半ばで亡くなってしまいます。

no image

世界の神話 オセアニア神話

オセアニア神話は南太平洋の島々に伝わる神話です。 もともと起源は同一だったようですが、各島や部族ごとに独自の進化を遂げていきました。