神話 ギリシャ神話

ギリシャ神話 ヘパイストス編【ヘラの息子】

投稿日:2017年3月27日 更新日:


ギリシャ神話の女王である女神ヘラの子供であるヘパイストス。

容姿のせいで、生まれてすぐに下界に捨てられてしまいます。

しかしながら、ヘパイストスはこれぐらいではへこたれませんでした。

一生懸命に鍛冶の腕を磨いたヘパイストスは最終的にはオリュンポス12神の仲間入りを果たすのでした。

「スポンサーリンク」

捨て子からの

ヘパイストスの親は女神ヘラです。男親はいません。夫であるゼウスの浮気に怒ったヘラが自分一人だけで生み出したのがヘパイストスです。

しかし、ヘパイストスの容姿が醜かったという理由で、彼女は彼を認知しないでひそかに下界にポイしてしまうのです。

その後、不幸中の幸いというべきか、捨てられた下界でテティスとエウリュノメという精霊に拾われて、鍛冶の修行を火山島で積みながら成長します。

オリュンポス12神への大出世

そして、9年後。

テンテッテレー。ヘパイストスはすごい鍛冶のレベルになります。

それで、一人前になったヘパイストスは自分を捨てた女神ヘラに復讐するのでした。

ヘパイストスはヘラに自分の作成した玉座を送りました。

何も知らないヘラがこの玉座に座ると、なんと彼女を玉座から出てきた鎖がぐるぐるにしたのです。

この罠を解除できるのがヘパイストスだけで、彼は交換条件としてヘラに自分を子供だと認知するように脅しました。

それから、ヘパイストスはヘラに自分を認知させることに成功して、彼女を開放しました。

結果として、鍛冶の腕を認められたヘパイストスはオリュンポス12神に迎えられたのでした。

でも、幸せ?

その後、自慢の鍛冶の腕で様々な素晴らしい武器や宝具を作ったヘパイストスは主神ゼウスの寵愛を受けて、彼の仲介のもとにギリシャ神話一の美女である女神アフロディテと結婚します。

が、これが不幸の始まりでした。なんと、アフロディテは夫の容姿の醜さに嫌気がさして不倫で子供を作るなどしたため、ヘパイストスの結婚生活は苦難の道になりました。

ヘパイストスの作った名品の数々

鍛冶の腕を認められたヘパイストスはオリュンポス12神に迎えられ、多くの名品を作りました。

  • ゼウスの雷霆(らいてい)
  • アキレウスの鎧
  • アイギスの盾
  • アルテミスの銀の矢
  • アポロンの黄金の矢
  • 黄金の賢い侍女
  • 青銅の巨人タロス
  • 三脚器
  • 災いを呼ぶ女パンドラ

オリュンポス12神

ギリシャ神話 ゼウス編【ヘラの夫】

ギリシャ神話 ヘラ編【ゼウスの正妻】

ギリシャ神話 アテナ編【知恵と戦の女神】

ギリシャ神話 アポロン編

世界の神話 ギリシャ神話の神々 アフロディテ編【ヴィーナス】

ギリシャ神話 アレス編【最弱の軍神】

ギリシャ神話 アルテミス編【オリュンポス12神】

世界の神話 ギリシャ神話の神々 デメテル編【豊穣の女神】

ギリシャ神話 ヘパイストス編【ヘラの息子】

世界の神話 ギリシャ神話の神々 ヘルメス編

ギリシャ神話 ポセイドン編【オリュンポス12神のナンバー2】

ギリシャ神話 ディオニュソス編

「スポンサーリンク」

-神話, ギリシャ神話
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

世界の神話 オセアニア神話

オセアニア神話は南太平洋の島々に伝わる神話です。 もともと起源は同一だったようですが、各島や部族ごとに独自の進化を遂げていきました。

世界の神話 日本神話の神々 ツクヨミノミコト編

三貴子であり、月の神であるツクヨミノミコト。 太陽神であるアマテラスオオミカミに比べて、月の神であるツクヨミノミコトの登場シーンは多くありません。 しかし、数少ない登場シーンにおいて、食物を生み出すと …

ギリシャ神話 アルテミス編【オリュンポス12神】

オリュンポス12神の一柱であり、狩猟・純潔の女神であるアルテミスは後に月の女神にもなりました。 アルテミスは父ゼウスに永遠の純潔を誓い、それを侍女にも守らせましたが、それが原因で侍女の一人に悲劇が訪れ …

世界の神話 ギリシャ神話の神々 エロス編【キューピッド】

愛の神であるエロス。日本においては、愛のキューピットのイメージがあります。 そんなエロスですが、黄金の矢と鉛の矢という二種類の矢を有しています。

no image

世界の神話 日本神話の神々 アマテラスオオミカミ

まばゆい光を全身から発して天上・地上を照らす太陽神たるアマテラスオオミカミ。 弟のスサノオノミコトの所業に機嫌を悪くして引きこもるなど、人間味のある一面も見せる女神です。