旅行 キリスト教

ヨーロッパ旅行におすすめ!ゴシック様式の大聖堂【5選】

投稿日:2017年2月22日 更新日:


Gothic大聖堂は古代ゴート人とは関係ありません。

ゴシック様式で建設された大聖堂のことです。

ゴシック様式は、ロマネスク様式からフランスで12世紀に発展した建築様式です。

そのため、当時はフランス様式と呼ばれました。

その後、西ヨーロッパ全土に広がりを見せますが、14世紀に始まったルネサンス芸術駆逐されるように徐々に衰退しました。

このゴシック建築は、城や宮殿、市庁舎などにも使われていますが、ヨーロッパの大聖堂のためにできた建築様式といっても過言ではありません。

どうですか? 旅行先のスケジュール帳に書き込んでみませんか?

「スポンサーリンク」

聖シュテファン大聖堂(St Stephen’s Cathedral)

出典:instagram/muratozbeen

オーストリアはウィーンの中心部に位置する聖シュテファン大聖堂は、多くの戦渦を乗り切り、今や市の自由の象徴になっています。

聖シュテファン大聖堂は2つの教会跡地に建っており、オーストリア公ルドルフ4世の命により14世紀に建設されました。

ブルゴス大聖堂(Burgos Cathedral)

出典:instagram/wofusa

ブルゴス大聖堂はスペインのブルゴスにある中世の大聖堂で、聖母マリアに捧げられています。

建設は1221年に開始されましたが、2世紀近く放置されて、1567年にやっと完成しました。

レコンキスタで活躍したカスティーリャ貴族のエル・シッド卿とその妻が1919年に埋葬されました。

「スポンサーリンク」

ランス・ノートルダム大聖堂(Reims Cathedral)

出典:instagram/corbspc

ランス・ノートルダム大聖堂はパリから東北東約130kmに位置する街ランスにある大聖堂で、多くのフランス国王が戴冠した場所でもあります。

大聖堂は、13世紀の終わりに完成しました。

ミラノ大聖堂(Milan Cathedral)

出典:flickr/giovanni_novara

とても大きくとても精巧なゴシック様式の大聖堂であるミラノ大聖堂は、ヨーロッパでも屈指に有名な建物の一つです。

この大聖堂は、アントニオ大司教のもとで1386年に後期ゴシック様式で建設が始まりました。

・・・・・・なんと、完成まで5世紀を要したそうです。

セビリア大聖堂(Seville Cathedral)

出典:wikipedia/Ingo Mehling

セビリア大聖堂はスペインのセビリアにあり、街の力と富を示すためにレコンキスタの後に建設されました。

16世紀の完成時に当時世界最大の大聖堂であったハギア・ソフィアにとって代わりました。

未だに、世界最大のゴシック様式の大聖堂であり、世界で3番目に大きい教会であります。

アクセスマップ

「スポンサーリンク」

おすすめの記事

ヨーロッパ旅行におすすめ!ゴシック様式の大聖堂 2 【5選】

-旅行, キリスト教
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キリスト教徒数多い国ランキング 10【ドイツ、イタリア・・・】

世界にはたくさんの宗教があります。 その中でも最も信者数を抱える宗教が「キリスト教」になります。 では、キリスト教徒が最も多い国とはどこなのでしょうか? この記事では、キリスト教徒の数が多い国をランキ …

no image

最古の湯「道後温泉」

道後温泉 道後温泉本館(いよ観ネットより)  皆さん、道後温泉を知っているだろうか? 道後温泉は、愛媛県松山市に湧き出ている温泉である。松山市生まれで松山市育ちの私からすれば、道後温泉というのは近所に …

ヨーロッパ旅行におすすめ!ゴシック様式の大聖堂 2 【5選】

12世紀に生まれたゴシック様式。 その後にルネッサンス芸術に圧倒され衰退しましたが、この世から消え去ったわけではありません。 現在でもこの様式は残っており、特にゴシック様式の大聖堂は時代を超えて私たち …

世界最大のホテル・チェーンランキング トップ10【2017年】

世界最大のホテル・チェーンはどこでしょうか? 本記事では、不動産数によって最大のホテル・チェーンをランキングづけしました。 それでは、どうぞ。

ノルウェー観光!おすすめの動物とスポット【まとめ】

スカンジナビア半島にあるノルウェーという国を皆さんはご存知ですか? そう、圧倒的大自然と氷河で浸食されてできた湾であるフィヨルドが有名な北ヨーロッパの国です。 大自然豊かなノルウェーを旅行するなら、や …