仏教

仏教徒なら絶対に知っておくべき釈迦の生涯 4大事件

投稿日:2017年1月23日 更新日:


日本に仏教が伝わって1000年以上がたちますが、仏教はすべてこの人から始まっています。そうです。仏教の開祖である「シャカ」です。

ということで、まずシャカという名前の由来を説明して、生涯における4つの重大事件である「誕生」・「成道」・「初転法輪」・「入滅」について、ご紹介していきます。

「スポンサーリンク」

名前の由来

本名は、ゴータマ・シッダールタといいますが、シャーキヤ族の王子として生まれたので日本では、「釈迦」とか「お釈迦さま」と言われます。

誕生

シャカの誕生はこういった逸話で始まります。

母親マーヤ―の右のわきの下から誕生した釈迦は、生まれるとすぐ7歩あゆんで、右手で天を、左手で大地を指さして「天上天下唯我独尊」といったと伝えられる。

出典:雑学3分間ビジュアル図解シリーズ 仏教(p.29)

このような逸話で始まるシャカはシャーキヤ族の王子として生まれたので、何不自由のない生活を送ります。なんと、結婚もして子供も生まれます。

しかし 29才のときに、これらすべてのものを捨てて、修行生活に入ります。

成道

修行生活に入ったシャカは様々な師に教えを請い、さらには6年間にもわたる苦行生活に入ります。

ですが、あるときシャカは苦行には意味がないことに気が付きます。それから、苦行をやめて、現在のインド北東部のガヤーで菩提樹という木の下で禅定に入ります。

そして、シャカは悟りを開いて、仏陀となったのです。成道というのは、仏教の修行者が悟ることで、仏陀というのは悟った人というような意味があります。

初転法輪

さて、悟りを開いたシャカですが、実は悟った内容を人に伝えるかどうか最初は迷っていました。

~もしわたしがこの法を説いても、人々がわたしのいうことを理解しなかったならば、わたしはただ披露し困憊するばかりであろう

出典:阿含経典2(p.484)

しかし、最終的には伝道を決意します。

彼らに甘露の門はひらかれたり

耳あるものは聞け、ふるき信を去れ

梵天よ、われは思い惑うことありて

人々に微妙の法を説かざりき

出典:阿含経典2(p.488)

そして、サールナートの地で、5人の旧友に向かって初めて説法を行いました。これが、初転法輪です。法輪というのは仏教の教義のことです。

この説法の内容は、四諦(4つの真理)と八正道(8つの実践方法)に関係があったそうです。

入滅

初転法輪の後も伝道の旅をつづけたシャカですが、故郷へ向かう途中のクシナガラの地で死んでいまいました。仏教ではこの死を入滅といいます。

「スポンサーリンク」

 

-仏教
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「不殺生祈りの会」安保法案反対を訴え

「安保法案認めない」 不殺生祈り僧侶ら座禅(愛媛新聞ONLINEより) 2015年9月10日、愛媛県内の僧侶らで組織する「不殺生祈りの会」が松山市湊町5丁目の坊っちゃん広場で安全保障関連法案反対を訴え …

釜堀浩元師が堂入り達成 天台の壮絶な行「堂入り」とは?

 2015年10月21日未明に釜堀浩元師が「堂入りの行」を終了しました。なお、堂入りの行とは、正確には「明王堂参籠(みょうおうどうさんろう)」といいます。

観光におすすめ!世界で有名な仏像 10選【画像もあるよ】

日本にはたくさんの仏像があり、有名なものも多くあります。 では、世界を見てみるとどうでしょう。 私たち日本人の知らない仏像がたくさんあるのでしょうか? そこで、世界的に有名ですばらしい仏像を本記事では …

「釜堀浩元師」堂入りの行を終えて当行満阿闍梨へ

2015年10月21日未明、釜堀浩元さんが「堂入りの行」を終了しました。これは、戦後から数えても13人しかいない偉業です。

え?それも!日常に潜む仏教用語【まとめ】

日本に仏教が伝わって1000年以上もたちます。その過程の中でさまざまな仏教用語が日常の言葉に入り込んできました。現在でも同じような意味で用いられるものもありますが、その意味が抜け落ちている言葉もありま …