神話 ギリシャ神話

世界の神話 ギリシャ神話の神々 エロス編【キューピッド】

投稿日:2017年3月30日 更新日:


愛の神であるエロス。日本においては、愛のキューピットのイメージがあります。

そんなエロスですが、黄金の矢と鉛の矢という二種類の矢を有しています。

出自

エロスの出自に関しては複数の説が唱えられています。

・大地の女神ガイアや天空の神ウラノスなどと一緒に原初神であるカオスにより生み出された説

・戦の神アレスと美の女神アフロディテとの子供であるという説

など。

キューピッド

恋愛感情を神格化した存在が愛の神であるエロスです。

エロスは、クピド(Cupido)とローマ神話では呼ばれ、クピドの英語読みが日本でおなじみのキューピッドと言うわけです。

黄金の矢、鉛の矢

日本では、愛のキューピッドは矢を射ることで恋人同士の愛を成就させるというイメージがあると思いますが、エロスの矢には2種類あります。

それが、黄金の矢と鉛の矢です。

最初に見た人を愛するようになるのは黄金の矢に射られた場合であり、鉛の矢に射られると人は恋愛に嫌悪感を抱くようになります。

・・・・・・黄金の矢もどうやら万能ではなさそうですし、鉛の矢に射られたら一生が大変なことになりそうです。

エロスとプシュケー

フランソワ・ジェラール〈エロースとプシュケーの結婚〉ルーヴル美術館

この黄金の矢に関連した話では、エロスと王女プシュケーの恋愛物語が有名です。

美の女神であるアフロディテが王女プシュケーの美貌に嫉妬したことから物語は始まります。

なんと、プシュケーに嫉妬したアフロディテはエロスに命じてプシュケーが化け物と恋愛するように仕向けたのです。

しかし、アフロディテの命令を実行しようとしたエロスですが、プシュケーの美貌に見とれて自分の指を黄金の矢で傷つけ、彼女に恋い焦がれてしまいます。

プシュケーに懸想したエロスは自身が化け物に成りすますことでプシュケーと結婚しました。

結果として、アフロディテからの妨害にこの二人はあいますが、神々の助けにより最終的には結婚が正式に認められました。

めでたし、めでたし。

-神話, ギリシャ神話
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

世界の神話 日本の神々 イザナギノミコト【古事記】

国と神を妻と共に生み出したイザナギノミコト。 妻であるイザナミノミコトの死を乗り越えて、「三貴子(みはしらのうずのみこ、さんきし、さんきしん)」という尊い三柱の神々を生み出しました。

世界の神話 アステカ神話とマヤ神話

メソアメリカ文明には、天文知識と優れた建築技術がありました。 また、彼らには信仰する太陽神がおり、生贄を祭壇に捧げていました。

世界の神話 日本神話 ヤマトタケルノミコト編

日本神話における英雄ヤマトタケルノミコト。 制圧の旅に出て英雄としての名をあげていきますが、志半ばで亡くなってしまいます。

ギリシャ神話 ディオニュソス編

ギリシャ神話の主神ゼウスと愛人であるデバイの王女セメレとの子供、酒の神ディオニュソス。 ゼウスの正妻であるヘラの嫉妬に苦しんだのちに独自の密儀を考案して、その結果、オリュンポス12神に迎えられます。

世界の神話 ギリシャ神話の神々 プロメテウス編

人間を作り出したティタン神族の賢者プロメテウス。 ゼウスと不和が生じていましたが、人間の守護者として人々はプロメテウスを崇拝していました。 ティタン神族の賢者 ティタン神族の賢者プロメテウス。 プロメ …