神話 ギリシャ神話

ギリシャ神話 ディオニュソス編

投稿日:2017年3月28日 更新日:


ギリシャ神話の主神ゼウスと愛人であるデバイの王女セメレとの子供、酒の神ディオニュソス。

ゼウスの正妻であるヘラの嫉妬に苦しんだのちに独自の密儀を考案して、その結果、オリュンポス12神に迎えられます。

「スポンサーリンク」

神? 半神半人?

本当であれば、ディオニュソスは半神半人として生まれるはずでしたが、完全なる神として生まれてきました。

経緯はこうです。

主神ゼウスと愛人セメレとの間にできた赤ん坊がディオニュソスで、このままいけば半神半人で生まれていました。

しかし、嫉妬深いゼウスの正妻ヘラの罠によって、セメレは亡くなり、ディオニュソスも命の危機に瀕します。

そこで、ゼウスは子供だけでも助けようとします。彼は、胎児をセメレの亡骸から取り出して、自分の腿の中に入れたのでした。

そして、無事に3か月後にゼウスの腿から成長した赤ん坊が生まれました。

このようにして、半神半人で生まれるはずだったディオニュソスは神の体内で成長した結果、完全なる神として誕生したのです。

酒の神

このようにして誕生したディオニュソスですが、彼の存在はやがてヘラの知るところとなります。

ヘラの嫉妬は本当に怖いですので命の危険があります。ですので、ディオニュソスは逃亡に逃亡を続けるのでした。

そうこうしているうちに、ブドウの栽培方法とブドウ酒の製造方法を彼は考え出しすことに成功しました。

結果として、ディオニュソスは酒の神になりました。

オリュンポス12神へ

酒の神になったディオニュソスは最終的にはオリュンポス12神に迎れます。

しかし、それにはなかなかの苦難の道がありました。

酒の神になったディオニュソスですが、ついにヘラに見つかってしまいます。

そして、恐ろしいことですが彼女の怨念により発狂してしまいます。

発狂した彼でしたが、その時に訪れたフリュギア(現在のトルコ中西部)で女神キュベレの治療を受けた結果、なんとか正気を取り戻しました。

その後に、ディオニュソスはキュベレの祭りに触発されて自分を崇める密儀「ディオニュソスの密儀」を発案します。

その結果、女性を中心に彼はたくさんの崇拝者を集めることに成功して、オリュンポス12神に迎えられたのでした。

オリュンポス12神

ギリシャ神話 ゼウス編【ヘラの夫】

ギリシャ神話 ヘラ編【ゼウスの正妻】

ギリシャ神話 アテナ編【知恵と戦の女神】

ギリシャ神話 アポロン編

世界の神話 ギリシャ神話の神々 アフロディテ編【ヴィーナス】

ギリシャ神話 アレス編【最弱の軍神】

ギリシャ神話 アルテミス編【オリュンポス12神】

世界の神話 ギリシャ神話の神々 デメテル編【豊穣の女神】

ギリシャ神話 ヘパイストス編【ヘラの息子】

世界の神話 ギリシャ神話の神々 ヘルメス編

ギリシャ神話 ポセイドン編【オリュンポス12神のナンバー2】

ギリシャ神話 ディオニュソス編

「スポンサーリンク」

-神話, ギリシャ神話
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界の神話 日本神話 スサノオノミコト編

イザナギノミコトに与えられた地を治めずに大泣き・高天原で暴れた末にアマテラスオオミカミを引き籠りに追い込むなどの問題行動を起こしてばかりのスサノオノミコト。 しかし、改心した後の彼はヤマタノオロチを退 …

ギリシャ神話 アレス編【最弱の軍神】

主神ゼウスと女神ヘラの間に生まれた嫡流の王子がアレスです。 しかし、これ以上ないというほどの血統のもとに生まれたアレスですが、神話史上最も最弱な軍神と言われるようになかなか情けないエピソードが多いよう …

ギリシャ神話 アルテミス編【オリュンポス12神】

オリュンポス12神の一柱であり、狩猟・純潔の女神であるアルテミスは後に月の女神にもなりました。 アルテミスは父ゼウスに永遠の純潔を誓い、それを侍女にも守らせましたが、それが原因で侍女の一人に悲劇が訪れ …

世界の神話 ギリシャ神話の神々 デメテル編【豊穣の女神】

オリュンポス12神の一柱であるデメテル。 デメテルの名前には、「母なる大地」という意味があります。これは、大地と生産力を守護する豊穣の女神であるデメテルにピッタリの名前だと言えます。 さて、このデメテ …

ギリシャ神話 アポロン編

学問や芸術など様々な分野の神格を司る万能神アポロン。 そんなアポロンは古代ギリシャで理想の青年像とされ、絶大なる人気がありました。