神話 ギリシャ神話

世界の神話 ギリシャ神話の神々 デメテル編【豊穣の女神】

投稿日:2017年3月29日 更新日:


オリュンポス12神の一柱であるデメテル。

デメテルの名前には、「母なる大地」という意味があります。これは、大地と生産力を守護する豊穣の女神であるデメテルにピッタリの名前だと言えます。

さて、このデメテルですが、娘を愛しすぎるあまりに作物が育たない冬という季節を生み出してしまいます。

「スポンサーリンク」

豊穣の女神デメテル

生産力と大地の守護を司る豊穣の女神デメテルは、オリュンポス12神の一柱を占めています。

ギリシャ神話の神々の2代目の王を務めていたクロノスの6人兄妹の一人で、ゼウス・ポセイドンと同様に重要な神であります。

また、主神ゼウスの妹ですが、同時に愛人でもあります。

娘溺愛した末に冬が誕生

Wikipedia – ペルセポネの略奪

豊穣の女神デメテルはゼウスとの間に出来た子供ペルセポネを愛していましたが、それが故に地上に作物の育たない期間である冬が誕生してしまいました。

経緯はこうです。

デメテルが溺愛していたペルセポネですが、あるとき、娘ペルセポネと兄ハデスを結婚させようと画策していたゼウスの命令によりハデスに冥府へと連れ去られました。

そのため、デメテルは地上に隠れてすべての職務を放棄してしまいます。結果として、豊穣神の加護を失った大地は衰え、農作物が育たなくなりました。

これを受けて、やばいと思ったゼウスはペルセポネを冥府から連れ戻そうとしますが、冥府においてザクロの実をペルセポネが口にしていたため、彼女には冥府との絆ができていました。

結果として、ペルセポネは一年のうち2/3の期間は地上に滞在できますが、1/3は冥府にとどまる必要ができたのです。

このようにして、娘が地上にいるうちはデメテルは大地に加護を与えますが、いない期間は加護を与えなくなりその時には農作物が育たなくなりました。つまり、冬が誕生したのでした。

オリュンポス12神

ギリシャ神話 ゼウス編【ヘラの夫】

ギリシャ神話 ヘラ編【ゼウスの正妻】

ギリシャ神話 アテナ編【知恵と戦の女神】

ギリシャ神話 アポロン編

世界の神話 ギリシャ神話の神々 アフロディテ編【ヴィーナス】

ギリシャ神話 アレス編【最弱の軍神】

ギリシャ神話 アルテミス編【オリュンポス12神】

世界の神話 ギリシャ神話の神々 デメテル編【豊穣の女神】

ギリシャ神話 ヘパイストス編【ヘラの息子】

世界の神話 ギリシャ神話の神々 ヘルメス編

ギリシャ神話 ポセイドン編【オリュンポス12神のナンバー2】

ギリシャ神話 ディオニュソス編

「スポンサーリンク」

-神話, ギリシャ神話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

世界の神話 日本神話の神々 ツクヨミノミコト編

三貴子であり、月の神であるツクヨミノミコト。 太陽神であるアマテラスオオミカミに比べて、月の神であるツクヨミノミコトの登場シーンは多くありません。 しかし、数少ない登場シーンにおいて、食物を生み出すと …

世界の神話 日本の神々 イザナギノミコト【古事記】

国と神を妻と共に生み出したイザナギノミコト。 妻であるイザナミノミコトの死を乗り越えて、「三貴子(みはしらのうずのみこ、さんきし、さんきしん)」という尊い三柱の神々を生み出しました。

世界の神話 アステカ神話とマヤ神話

メソアメリカ文明には、天文知識と優れた建築技術がありました。 また、彼らには信仰する太陽神がおり、生贄を祭壇に捧げていました。

世界の神話 ギリシャ神話の神々 プロメテウス編

人間を作り出したティタン神族の賢者プロメテウス。 ゼウスと不和が生じていましたが、人間の守護者として人々はプロメテウスを崇拝していました。 「スポンサーリンク」 ティタン神族の賢者 ティタン神族の賢者 …

世界の神話 インカ神話

インカ神話は、諸民族の伝承や古代文明を取り込みながら形成されました。 歴代支配者の権力の象徴が、最高神インティです。