イスラム神話

イスラム版のアンチキリスト ダッジャール

投稿日:


終末にやってきて人々を悪に誘う存在であるとされます。災いの後に登場して、人々を奇跡に似た力でだまして世界を40日間支配するらしいです。

「スポンサーリンク」

いつわりの世界の支配者

その名前はコーランには載っていませんが、ハディースにはいろいろな伝承が残っています。

飢饉が3年間続いた後にホラーサーンに出現します。ただし、出現場所は他にイスファハーンなど諸説あります。

雨を降らせて、枯れた植物を芽吹かせ、飢饉や豊作を作りだすと言った力を持ち、風邪のような速度を持ち、冷水のような火と燃える水を伴っています。

髪は縮れていて片目は見えなく、巨大なロバに乗っているよう。そして、額には「不信仰者」という文字が書いてあるようです。

奇跡に見えるいろいろな力で人々をだまして、40日間世界を支配します。ただし、メディーナ、メッカなどはその支配下には入らないようです。

救世主の登場で退場

メディーナにダッジャールは入ろうとしますが、天使たちがウフド山のふもとで待っておりシリアへと方向を向けられます。

そして、救世主、または降臨したイエスに殺害されます。イエスが視線を向けると、水の中の岩塩のようにダッジャールは溶解して、剣もしくは槍でとどめをさされます。

ダマスクス東の白いミナレットがイエスの降臨した場所だとされていて、シリアのアフィーク谷あたはパレスティナのロドでダッジャールは死んだとされます。

ほとんどの伝承ではダッジャールは一人ですが、ダッジャールが複数だと言及するものもあるようです。

「スポンサーリンク」

-イスラム神話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界の神話 イスラム神話の幻獣たち リヴァイアサン編

世界にはたくさんの神話があり、その中にたくさんの動物が登場します。 本シリーズでは、その中でもイスラム神話に登場する動物に焦点をあてます。そして、その第一回目である本記事は、リヴァイアサンを紹介したい …