コミック

やる気を出したい人のための漫画名言選

投稿日:2015年9月28日 更新日:


本記事では、漫画の登場人物が語ったやる気に火がつく言葉を紹介する。

皆さんにも経験があるだろうが、やる気を燃やすのは思った以上に大変である。そして、やる気を出すために人それぞれやり方があると思う。友人との会話もいいかもしれない。旅行もいいかもしれない。しかし、ここで私がおすすめするのは「漫画の名言」である。

「スポンサーリンク」

 おすすめ漫画の名言選

はじめの一歩(42巻) 鴨川会長から鷹村守への言葉

初めの一歩42巻

はじめの一歩(42) (講談社コミックス) | 森川 ジョージ | 本 | Amazon.co.jp

「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる!!」

これは、難敵である王者とのJrミドル級タイトルマッチを控えた鷹村に鴨川会長が送った言葉である。

この言葉は、「努力をすべきという気力」を我々に与えてくれる。

確かに、努力した者が成功するとは限らない。努力した分野に著しく向いていないかもしれないし、努力の方法を間違っている可能性もある。しかし、そもそも努力をしなければその分野に才能を持っているかどうかさえ分からない。そして、努力をしなければやり方を間違っていることに気付かないし、それを指摘してくれる人物にも出会えない。成功するかどうかなど努力をしたその後にしか分からないのである。

努力をしてもどうせ無駄だと感じてやる気を失うことがある。しかし、無駄かどうかはやってみないと分からない。何かに興味があるけれど、躊躇している。そんな人は是非読んでみてほしい。

「スポンサーリンク」

3月のライオン(4巻) 島田開の回想

3月のライオン4巻

Amazon.co.jp: 3月のライオン 4 (ジェッツコミックス): 羽海野 チカ: 本

棋士になれなくて田舎に帰った自分 全てを賭けてここまで来ても4タテくらいそうな自分 どっちが悪夢か、とことん味わってやろうじゃないか」

島田8段、ライバルとのタイトルマッチでの回想シーンに出てきた言葉。

機会費用という言葉がある。「池上彰のお金の学校」によると「ある行動をとることで、他の行動をとることができなくなる」という考え方である。例えば、アルバイトをすると勉強をする機会を犠牲にしている。何かを選択することは他の選択を放棄しているということで、何か一つのものに集中すればするほど、失う機会もそれに比例して多くなっていく。

島田8段は、回想シーンで現在と仮定の現在を対比している。他の多くの機会を失い将棋の世界で生きているが、それでも、タイトルマッチでライバルに全敗しようとしている現在。そして、他の多くの機会を得たが、大好きな将棋をする機会を失ってしまい、田舎に帰ってしまった仮定の現在。その2つははたしてどちらが悪夢なのかと彼は自己に問いかけているのである。

自分と他人の充実感を比較してやる気を失うことがある。かつての同級生が結婚をした・会社の同僚には彼女がいるらしい・奴には友達がたくさんいて毎日飲みまわっているなど、そんな充実した生活を送っている人間を見て、自分はなんてくそみたいに生きているのかと思い、やる気を失うことがある。そんな時に、島田8段のこの言葉を読むと、「でも私には・・・・・・」とやる気を奮起することができる。皆さんにも、そんな体験がおありなら、ぜひ読んでみてほしい。

RiN(10巻) 伏見から原への返答

rin10巻

Amazon.co.jp: RiN(10) (KCデラックス 月刊少年マガジン): ハロルド 作石: 本

「・・・・いえ今は漫画にどっぷり浸かっていたいんです! いつか描きたくても描けない時がくるかもしれませんから!」

アシスタントをし始めた初期に水野プロで伏見が、先輩の原からの一言に返した言葉である。

この現在というものはすごく不安定であり、不変のものではない。もしかしたら、明日には体が動かなくなっているかもしれないし、死んでいるかもしれない。そんな自覚に突き動かされている言葉に思える。

徐々に体が動かなくなっていく病気で彼の母は亡くなった。そして、同じ病気で徐々に姉の体が不自由になるのを見ている。いつ自分にも訪れるかもしれない未来を母と姉に見せつけられて、この世は不変ではないと自覚したのではないか? そして、それによって、現状を精一杯生きるしかないと覚悟を決めたのではないか?

未来に不安を感じやる気が出なくなることがある。そんな時には、覚悟を決めた男のこの言葉を聞くとやる気を出すことができる。皆さんにも、そんな体験がおありなら、ぜひ読んでみてほしい。

「スポンサーリンク」

-コミック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界の歴代漫画(コミック)売り上げランキング【まとめ】

漫画本を読んでいると時が経つのを忘れてしまいます。そんな経験をした人は一人や二人ではないと思います。そこで、世界の売り上げ数が多い漫画本を今回はまとめてみました。それでは、どうぞ。