神話 ギリシャ神話

世界の神話 ギリシャ神話の幻獣たち キマイラ編

投稿日:2017年1月30日 更新日:


世界にはたくさんの神話があり、その中にはたくさんの動物が登場します。

本シリーズでは、その中でもギリシャ神話に登場する動物に焦点をあてます。そして、その第六回目である本記事は、キマイラを紹介したいと思います。

獅頭山羊体蛇尾の怪物「キマイラ」

キマイラは一言でいうと、怪物です。頭にはライオンの頭を胴体には山羊の胴体を、そしてしっぽには毒蛇のしっぽを備えた怪物なのです。

え? こんな怪物どうやって生まれたのかと皆さんも気になると思いますが、またあの2人です。そう、テューポーンとエキドナです。

下に引用するとおりに、テューポーンもエキドナもかなりの異形であったようなので、キマイラの姿にも納得です。

テューポーンの姿は

肩からは百の蛇の頭が生え、炎を放つ目を持ち、腿から上は人間と同じだが、腿から下は巨大な毒蛇がとぐろを巻いた形

出典:Wikipedia

エキドナの姿は

上半身は美女で下半身はで背中に翼が生えた姿

出典:Wikipedia

実はメス

頭が雄ライオンですのでオスかと思っていましたが、実はメスらしいです。

絵画や彫刻では雄獅子の頭を持った姿で描かれるため判りにくいが、実は雌である。
ヘシオドスの『神統記』には、兄のオルトス(オルトロス)との近親相姦でスピンクス(スフィンクス)と「ネメアの獅子」の2体の怪物を産んだと記されている。

出典:ピクシブ百科事典

キマイラちゃん

「キマイラ、風呂はいろーぜ。風呂!」

「え? そんなことできないよ」

「なんでだ。汗かいたから入ろーぜ。男同士だから遠慮することないし」

「は?」

「いこうぜ、いこうぜ」

キマイラちゃんは腕を引っ張られて、脱衣所に連れていかれました。そうして、相手はせっせ、せっせと脱いで先に風呂場に入ってしまいました。

「おーい。キマイラ早く入って来いよ」

「う、うん・・・・・・」

意を決してキマイラちゃんはドアを開けて風呂場に入ります。

がらがら。

「おー、やっときたか。・・・・・・ぱれ、なんだか、ちょっと・・・・・・。あれ?」

「ぅー」

さあ、二人はどうなってしまうのでしょうか?

-神話, ギリシャ神話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ギリシャ神話 アレス編【最弱の軍神】

主神ゼウスと女神ヘラの間に生まれた嫡流の王子がアレスです。 しかし、これ以上ないというほどの血統のもとに生まれたアレスですが、神話史上最も最弱な軍神と言われるようになかなか情けないエピソードが多いよう …

ギリシャ神話 アポロン編

学問や芸術など様々な分野の神格を司る万能神アポロン。 そんなアポロンは古代ギリシャで理想の青年像とされ、絶大なる人気がありました。

世界の神話 ギリシャ神話の幻獣たち ペガサス編

日本の神話にはたくさんの動物が登場します。お稲荷さんであったり狛犬であったり、いろいろな姿で登場して神様につかえていたりします。 もちろん、神話に動物が登場するのは日本だけではありません。世界中で語り …

世界の神話 日本神話 スサノオノミコト編

イザナギノミコトに与えられた地を治めずに大泣き・高天原で暴れた末にアマテラスオオミカミを引き籠りに追い込むなどの問題行動を起こしてばかりのスサノオノミコト。 しかし、改心した後の彼はヤマタノオロチを退 …

世界の神話 日本の神々 イザナギノミコト【古事記】

国と神を妻と共に生み出したイザナギノミコト。 妻であるイザナミノミコトの死を乗り越えて、「三貴子(みはしらのうずのみこ、さんきし、さんきしん)」という尊い三柱の神々を生み出しました。