動物

一人と一匹、種を越えた人間と犬の友情【美しきかな友情】

投稿日:


一人と一匹が出会った。そして、一人と一匹は友情を育んでいる。今回はそんなお話。

「スポンサーリンク」

2007年、一人と一匹は出会った。

投稿者さんは赤ちゃんがいる時に子犬を飼わない方がいいと妹に言ったらしいが、一人と一匹は出会ったよう。

一人と一匹が生涯の友になるとは、誰が予想したか?

一人が生まれたその日から、一人と一匹は常に共にあった。

時には、一匹は一人のクッキーを奪ったろうが、一人と一匹は着実に友情の芽を育てていった。

「スポンサーリンク」

あるときから、カートゥーンを見ることが一人と一匹の習慣になった。

一人が少し成長した後、日曜日にカートゥーンを一緒に見るのが一人と一匹の習慣になった。

何をするにも、一人と一匹は常に一緒だった。車でも。

学校に通うのも。一人と一匹は一緒だった。

投稿者さんは、一人と一匹の友情を見て・・・・・・、

一人と一匹は常に最高の友達。

前言を撤回した。

月日は流れ、犬は老化の兆しを見せ始めた。

一人と一匹の月日は同じく流れるが、一人と一匹の命の長さは平等ではない。一人が幼さから脱皮するにつれ、一匹には月日の重さが重くのしかかる。

その兆候として、一匹のひげは灰色になった。

しかし、一人と一匹の友情はいつまでも変わらず、

一匹は無条件に一人に愛された。一匹もそれに全力で応えた。

一人と一匹が出会って10年たった今年、老犬は良性腫瘍を取り除いた。

一匹が横になり回復している間、一人が一匹のそばを離れることはない。

これを友情と言わず、何をば友情というのだろうか?

「スポンサーリンク」

-動物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

人間が原因で絶滅した5つの動物【絶滅の原因】

今地球は、全生物の1/4が絶滅の淵にあると多くの科学者が確信しているらしい。とはいえ、それが自然競争の結果であるという見方もある。 だけど、絶滅が自然競争の結果だとしても、人間が原因の絶滅はできるだけ …

番犬ならぬ番睡眠犬、母親の魔の手から少年の睡眠を守護!?【必見】

番犬は侵入者から家を守ってくれる。 だが、どうやら番睡眠犬という種類もいるようだ。本記事では番睡眠犬となり、少年の睡眠を母親から守護する犬をご紹介する。 「スポンサーリンク」

かわいすぎて悟りを開けそうになるキツネの写真【フォックスで禅を】

ローゼリアン・レイモンドは、自然を専門にするオランダの写真家。 キツネが好きなのか、Instagramで、キツネを中心に自分の写真を紹介している。そこで、禅を開けそうなかわいい写真を紹介する。

子犬の成長は早すぎる・・・それが分かる比較写真

ぼくは犬を飼っていますが、なかなか日々の成長には気が付かないものです。それで、写真を見て大きくなったな、やっと分かる感じです。 皆さんも、似たようなものではないでしょうか? なので、小さい頃のワンちゃ …

576匹のボーダー・コリーが1か所に集結し、世界記録突破!【偉業】

ただ一匹の愛犬が微笑んでくれるだけで、今日も頑張れる。 そんな人が多いと思うので、きっと576匹の犬に囲まれたら、うれしすぎて発狂するでしょう。 この記事では南オーストラリアの公園にボーダー・コリーが …