動物

アメリカマイナーリーグの試合で審判に水を届ける犬が話題に【ゴールデン・レトリバー】

投稿日:2017年6月28日 更新日:


アメリカのマイナーリーグで審判に水を運んだ犬ジェイクがいまネット上で話題になっている。野球に興味のない人間にもジェイクがいるなら球場に足を運ぶ価値はありそうだ。

「スポンサーリンク」

ぼく、ジェイク。パークビュー・フィールドのマスコットさ。

▼犬のジェイク。パークビュー・フィールドのマスコット的存在。

twitter – ABC News

 犬の名前はジェイク。アメリカのインディアナ州にあるマイナーリーグチーム「フォートウェイン・ティンキャップス」の本拠地パークビュー・フィールドのマスコット的な存在である。

▼えっちら、ほっちら。水を運ぶジェイク。

月曜日の夜にフォートウェインであった、フォートウェイン・ティンキャップスとサウスベンド・カブスの試合で、ゴールデンレトリーバーのジェイクは審判に水を持って行った。堂々とした足取りでのしのしとフィールドを歩いていく。

▼ジェイクに運んでもらった水を飲む審判。審判が水を飲んでいる最中もジェイクはおとなしく座っている。

審判に水を口渡したジェイクは、審判が水を飲み終わるのをただおとなしく待っている。比べるのもなんだが、成人式で暴れる成人に見せてやりたい光景だ。

▼審判から水を受け取るジェイク。審判に頭をなでてもらっても、そんなことにはなびかない。

審判から水を受け取り、お礼として撫でてもらってもジェイクは微動だにしない。これがマスコットの余裕なのだろうか?

▼仕事を終え帰還するジェイク。最後まで気は抜かない。

審判に水を渡すという大役を終えたジェイクは、どうどうとした足取りで帰還の途につく。ジェイクはポーカーフェイス過ぎて感情が読めないが、きっとこの仕事に満足しているだろう。

▼もっとジェイクを見たい人へ

「スポンサーリンク」

トレントン・サンダーにも何かいる

なお、ニューヨーク・ヤンキースの傘下チームである「トレントン・サンダー」にもバットドッグなる犬がいる模様。

▼バットを持って帰る犬。重たくはないのだろうか?

トレントン・サンダーのバットドッグについては、↓でその仕事ぶりを紹介。

マイナーリーグのバットドッグ、バットの代わりに敵ピッチャーのボールを回収!

「スポンサーリンク」

 

-動物
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

猫ちゃんの上に何かが乗っかっている?【猫かわいい】

猫ちゃんは単体でもかわいいものですが、そこに+α加わるともっとかわいくなります。この記事では、何かが乗っかってしまった猫ちゃんをまとめてみました。

動物好きのペットシッター、3年間家賃なし!

旅行に行きたいが、ペットを残してはいけない。ペットホテルに預けるのもいや。そういったニーズに答えてか、海外には住み込みのペットシッターサービスなるものがあるらしい。 本記事ではイギリスのペットシッター …

【猫】捕食者ネコちゃん、ヘビを食らう【かわいい+捕食者】

ネコちゃんはかわいい。だが、捕食者でもある。これは矛盾していない。本日はこれが分かる画像を紹介する。

また、愛媛県今治市伯方島で特定外来生物「カミツキガメ」発見か!

昨日12日、かまれるとけがをする恐れがある特定外来生物の「カミツキガメ」が、愛媛県今治市伯方町木浦で見つかり、伯方署の御用になった。 なお、6月21日にもカミツキガメが近くで捕まっており、近隣住民の不 …

ネコとカメ、世紀の大合戦【ネコパンチvsロケット頭突き】

仲の悪いもののことを犬猿の仲と言う。だが、何も犬と猿だけが仲が悪いわけではない。本記事ではネコとカメの世紀の戦いをご紹介する。