動物

マイナーリーグのバットドッグ、バットの代わりに敵ピッチャーのボールを回収!

投稿日:


ヤンキース傘下のAAチーム「トレントン・サンダー」のバットドッグであるルーキーが、AAAチームに昇進したがすぐに降格した話。

「スポンサーリンク」

ルーキーはバッドドッグ3代目

▼トレントン・サンダーのバッドドッグ「ルーキー」。チームのマスコット的存在。

トレントン・サンダーは2002年から、バットの回収にバットドッグを採用している。それ以来、バットドッグの職は代々親から子へと継承されている。

初代がチェイスで、二代目が息子のダービー。現在は厳しいトレーニングを経て、ダービーの息子であるルーキーが引き継いでいる。

「スポンサーリンク」

ルーキーにチャンス到来。AAAチームのバッドドッグに昇進!?

そんなルーキーに千載一遇のチャンスが訪れた模様。

なんと、AAチームのトレントン・サンダーから、同じヤンキース傘下であるAAAチームの「スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダース」への昇進が決まったのだ。

▼AAAに昇進したルーキー活躍の模様。スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースvsノーフォーク・タイズの試合。

ルーキーはこのチャンスを活かした。

本来であればスクラントン側が1打席を終えた後にバットを回収する予定だったが……、敵チームノーフォーク・タイズのピッチャーからボールを奪ったのである。

あっぱれ、ルーキー。みごと、敵のピッチャーから、ボールを奪ったぞ。

…と言いたいところだが、翌日の水曜日にはルーキーはトレントン・サンダーに降格し、より一層の訓練を命じられたのであった。

めでたし、めでたし?

「スポンサーリンク」

-動物
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

番犬ならぬ番睡眠犬、母親の魔の手から少年の睡眠を守護!?【必見】

番犬は侵入者から家を守ってくれる。 だが、どうやら番睡眠犬という種類もいるようだ。本記事では番睡眠犬となり、少年の睡眠を母親から守護する犬をご紹介する。 「スポンサーリンク」

エサが急に消えてパニックに陥っている犬がかわいい

今回は飼い主さんのちょっとしたイタズラ(手品?)でワンちゃんがパニックに陥ったというお話。可愛すぎる。

「動きたくないでござる」犬の必死の抵抗に飼い主がとった作戦は?【必見】

動きたくない犬と、動かせたい飼い主の攻防の物語が今始まる。はたして、飼い主は動かない犬を動かせることができるのだろうか?

猫をプールに投げ込もうとした少年、逆にプールにどぼんする

猫の祟りは恐ろしいというが、この少年に降りかかった災難を考えると本当かもしれない。

人間が原因で絶滅した5つの動物【絶滅の原因】

今地球は、全生物の1/4が絶滅の淵にあると多くの科学者が確信しているらしい。とはいえ、それが自然競争の結果であるという見方もある。 だけど、絶滅が自然競争の結果だとしても、人間が原因の絶滅はできるだけ …