神話

世界の神話 アステカ神話とマヤ神話

投稿日:


メソアメリカ文明には、天文知識と優れた建築技術がありました。

また、彼らには信仰する太陽神がおり、生贄を祭壇に捧げていました。

「スポンサーリンク」

文献の消失

マヤ文明とアステカ文明はメソアメリカ(中米)おいて白眉な二大文明です。

けれど、神話の内容が記録された文献が16世紀におけるスペインの侵略によって消失してしまいました。

そのため、アステカやマヤの伝承を知るためには、現存する希少な資料に頼るしかありません。

アステカの創世神話

創造神ケツァルコアトルなど4柱の兄妹による創世神話がアステカ神話には残っています。

世界の支配権を手に入れるために、当初、彼らは皆が皆太陽神に姿を変えて世界の創造を試みました。

しかし、それらの試みはすべて失敗に終わり、4度世界は破滅しました。理由は、彼らは互いに蹴落とし合ったからです。

その後、4柱は争いをやめて、5度目の世界創造を協力して行ったのです。

かくして、ようやく現在の世界は創造されたのでした。

これが、世にいうアステカの創世神話になります。

マヤの創世神話

キチェー族の伝承である「ポポル・ブフ」の中に、マヤ神話の創世神話とわずかなエピソードが残されています。

ポポル・ブフによると、グクマッツとテペウという2柱の神により世界は創造されました。

まず、2柱の神は大地と動植物を作りましたが、不満が残りました。

理由は、動植物は話ができないため、神である自分たちを褒めたたえてくれないからです。

そこで、次に人間を作ることにしたのです。

当初は、木や泥水で人間を2柱の神はつくりましたが、壊れるなどの失敗を繰り返します。

その後、トウモロコシを使うことにより現在の人類をつくりだすことに2柱の神は成功したのでした。

「スポンサーリンク」

-神話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ギリシャ神話 アルテミス編【オリュンポス12神】

オリュンポス12神の一柱であり、狩猟・純潔の女神であるアルテミスは後に月の女神にもなりました。 アルテミスは父ゼウスに永遠の純潔を誓い、それを侍女にも守らせましたが、それが原因で侍女の一人に悲劇が訪れ …

ギリシャ神話 アテナ編【知恵と戦の女神】

オリュンポス12神の一柱であり、戦争と知恵を司る女神アテナ。 彼女は、もっとも多くの人々からギリシャ神話の中で愛された女神です。

ギリシャ神話 アポロン編

学問や芸術など様々な分野の神格を司る万能神アポロン。 そんなアポロンは古代ギリシャで理想の青年像とされ、絶大なる人気がありました。

ギリシャ神話 ディオニュソス編

ギリシャ神話の主神ゼウスと愛人であるデバイの王女セメレとの子供、酒の神ディオニュソス。 ゼウスの正妻であるヘラの嫉妬に苦しんだのちに独自の密儀を考案して、その結果、オリュンポス12神に迎えられます。

世界の神話 ギリシャ神話の幻獣たち ラミア編

世界にはたくさんの神話があり、その中にたくさんの動物が登場します。 本シリーズでは、その中でもギリシャ神話に登場する動物に焦点をあてます。そして、その第九回目である本記事は、ラミアを紹介したいと思いま …