神話 ギリシャ神話

ギリシャ神話 アレス編【最弱の軍神】

投稿日:2017年3月27日 更新日:


主神ゼウスと女神ヘラの間に生まれた嫡流の王子がアレスです。

しかし、これ以上ないというほどの血統のもとに生まれたアレスですが、神話史上最も最弱な軍神と言われるようになかなか情けないエピソードが多いようです。

「スポンサーリンク」

王位継承権第一位の王子アレス

主神であるゼウスとゼウスの正妻であるヘラの間に生まれた長男がアレスであり、ギリシャ神話における本家本元の嫡流の王子になります。

ゼウスとヘラにはアレスの他にも2人の子供がいましたが、アレスだけが男であり、またオリュンポス12神に入っているのも彼だけです。

つまり、王位継承権第一位をアレスは持っており、もし仮にゼウスに何かあった場合にはその跡を継ぐという立場にあるのです。

無能な軍神アレス

このようにサラブレッド中のサラブレッドであるアレスですが、ゼウスとヘラから受け継いだのは血統だけと言わざるを得ません。

つまり、それだけ無能だということです。

どういうことかというと、アレスは戦の神ですが、戦い方は力押しの一辺倒であり戦略のせの字も知りませんでした。

例えば、トロイア戦争の時には、アレスはトロイア軍を加護し 知恵と戦の女神アテナはギリシャ軍を加護して、それぞれ戦いましたが、トロイア軍は敗北を喫しています。

さらに、ギリシャ軍の人間の兵士であったディオメデスとその後に一騎打ちをして敗れています。

・・・・・・悲しいですね。

美男であることだけがとりえだが

そんなアレスですが唯一と言っていい取柄がありました。

それが顔です。どうやら、ギリシャ神話でも屈指の美男だったようです。

しかし、そんなアレスですが唯一の取柄である美男子という面目もつぶされてしまします。

何があったのか?

そうです。浮気です。いえ、浮気故の修羅場です。

ギリシャ神話一の美人であるアフロディテと不倫関係にあったアレスですが、それが彼女の夫であるヘパイストスにばれてしまいます。

そして、不倫に激高した鍛冶神のヘパイストスはベッドに罠を仕掛けます。

すると、そのことを知らずにそのベッドで情事に励んだアレスとアフロディテは身動きが取れなくなってしまったのです。

結果として、この不倫現場は見世物として神々の知るところとなり、アレスの美男子としての面目丸つぶれというわけです。

オリュンポス12神

ギリシャ神話 ゼウス編【ヘラの夫】

ギリシャ神話 ヘラ編【ゼウスの正妻】

ギリシャ神話 アテナ編【知恵と戦の女神】

ギリシャ神話 アポロン編

世界の神話 ギリシャ神話の神々 アフロディテ編【ヴィーナス】

ギリシャ神話 アレス編【最弱の軍神】

ギリシャ神話 アルテミス編【オリュンポス12神】

世界の神話 ギリシャ神話の神々 デメテル編【豊穣の女神】

ギリシャ神話 ヘパイストス編【ヘラの息子】

世界の神話 ギリシャ神話の神々 ヘルメス編

ギリシャ神話 ポセイドン編【オリュンポス12神のナンバー2】

ギリシャ神話 ディオニュソス編

「スポンサーリンク」

 

-神話, ギリシャ神話
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

世界の神話 ギリシャ神話の幻獣たち ミノタウロス編

世界にはたくさんの神話があり、その中にたくさんの動物が登場します。 本シリーズでは、その中でもギリシャ神話に登場する動物に焦点をあてます。そして、その第八回目である本記事は、ミノタウロスを紹介したいと …

世界の神話 日本神話 ヤマトタケルノミコト編

日本神話における英雄ヤマトタケルノミコト。 制圧の旅に出て英雄としての名をあげていきますが、志半ばで亡くなってしまいます。

ギリシャ神話 アテナ編【知恵と戦の女神】

オリュンポス12神の一柱であり、戦争と知恵を司る女神アテナ。 彼女は、もっとも多くの人々からギリシャ神話の中で愛された女神です。

世界の神々 日本神話 イザナミノミコト編【イザナギの妻】

夫であるイザナギノミコトと共に国生みと神生みをした女神イザナミノミコト。 しかし、カグツチの神を誕生させた際に亡くなり、恐ろしい黄泉の神へなったのでした。

ギリシャ神話 ヘラ編【ゼウスの正妻】

ヘラは、ギリシャ神話における天上の女王であり、また結婚の女神です。 しかし、結婚の女神でありながら、彼女自身は夫であるゼウスの女癖の悪さに悩み、嫉妬に苦しむ日々を送っていたようです。 「スポンサーリン …