動物

動物・生物のちょっとおかしい15の事実【まとめ】

投稿日:


皆さんこんにちは!時をかけるみかんです!

 

世の中にはたくさんの動物・生物がいます。

しかし、意外に馴染みのある動物・生物についても知らないことが皆さん多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんなちょっと知っているけどあまり知らない動物・生物のちょっとおかしな「事実」をご紹介します。

「スポンサーリンク」

パンダには特に決めている睡眠スポットはないようです。どこにいても眠りたいときに眠りにつくようです。

ウォンバットのうんちは四角いようです。

蝶々の多くは機会があれば、血を飲むこともあるようです。

カモノハシは泳ぐときには、目を閉じているようです。

「スポンサーリンク」

七面鳥は交尾をしなくても、メスだけで繁殖できるようです。

ティラノサウルス・レックスに最も近い現存する近縁種はニワトリらしいです。

ワシのとびかかり攻撃は非常に強力で、ライフルの射撃よりも2倍も強力になることがあるようです。

ムクドリは言葉を模倣することができて、オウムよりも時には上手にまねるようです。

カバはかわいいですが実は恐ろしく、一年に最も人間を多く殺す哺乳動物です。

海で探検済みの場所は10%以下で、とりわけ深海はほとんどが今でも謎に包まれています。

巨大イカはバスくらいおおきいようです。

オスのキリンはメスキリンの尿を飲んで、理想的な交尾時間を判断するようです。

近くで死体が腐敗している水中を泳いで、ヌタウナギは皮膚を通して生き残るために必要な栄養素を吸収するようです。

エミューはバックで歩くことができないようです。

クリスマスツリー・ワームはとってもきれいです。

へーというものから、・・・というものまで、いろいろな事実がありましたね…。普段動物園などで、何気なく見ている動物にも意外な事実があってちょっと驚きました。

「スポンサーリンク」

-動物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

9歳の少年、偶然120万年前の化石を発見する!【つまずいた先に女神】

アメリカのラッキーボーイが偶然に約120万年前に生息していたゾウの化石を見つけたよ。今日はそのラッキーボーイを紹介するぜ。 そのラッキーボーイの名前は「ジュード」。さあ、ジュードの物語の始まりだ!

動物に関する100の事実【暇つぶしにおすすめ】

世界にはたくさんの動物がいて、実はそれぞれに驚くべき特徴があったりします。 本記事では、動物に関するそんな驚くべき事実をご紹介します。 それでは、どうぞ。

かわいすぎて悟りを開けそうになるキツネの写真【フォックスで禅を】

ローゼリアン・レイモンドは、自然を専門にするオランダの写真家。 キツネが好きなのか、Instagramで、キツネを中心に自分の写真を紹介している。そこで、禅を開けそうなかわいい写真を紹介する。

犬のストーム、溺れていた小鹿を救う

災害救助犬として人間を犬が救助したという話をよく聞く。だが、どうやら犬が救助するのは人間だけではないようで……。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)治療におすすめの介助犬まとめ【アニマルセラピー】

近年PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法として「アニマルセラピー」が注目を浴びています。その中でも今回はPTSD患者の介助犬にふさわしい犬種をまとめてみました。