動物

動物・生物のちょっとおかしい15の事実【まとめ】

投稿日:


皆さんこんにちは!時をかけるみかんです!

 

世の中にはたくさんの動物・生物がいます。

しかし、意外に馴染みのある動物・生物についても知らないことが皆さん多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんなちょっと知っているけどあまり知らない動物・生物のちょっとおかしな「事実」をご紹介します。

「スポンサーリンク」

パンダには特に決めている睡眠スポットはないようです。どこにいても眠りたいときに眠りにつくようです。

ウォンバットのうんちは四角いようです。

蝶々の多くは機会があれば、血を飲むこともあるようです。

カモノハシは泳ぐときには、目を閉じているようです。

「スポンサーリンク」

七面鳥は交尾をしなくても、メスだけで繁殖できるようです。

ティラノサウルス・レックスに最も近い現存する近縁種はニワトリらしいです。

ワシのとびかかり攻撃は非常に強力で、ライフルの射撃よりも2倍も強力になることがあるようです。

ムクドリは言葉を模倣することができて、オウムよりも時には上手にまねるようです。

カバはかわいいですが実は恐ろしく、一年に最も人間を多く殺す哺乳動物です。

海で探検済みの場所は10%以下で、とりわけ深海はほとんどが今でも謎に包まれています。

巨大イカはバスくらいおおきいようです。

オスのキリンはメスキリンの尿を飲んで、理想的な交尾時間を判断するようです。

近くで死体が腐敗している水中を泳いで、ヌタウナギは皮膚を通して生き残るために必要な栄養素を吸収するようです。

エミューはバックで歩くことができないようです。

クリスマスツリー・ワームはとってもきれいです。

へーというものから、・・・というものまで、いろいろな事実がありましたね…。普段動物園などで、何気なく見ている動物にも意外な事実があってちょっと驚きました。

「スポンサーリンク」

-動物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

子犬の成長は早すぎる・・・それが分かる比較写真

ぼくは犬を飼っていますが、なかなか日々の成長には気が付かないものです。それで、写真を見て大きくなったな、やっと分かる感じです。 皆さんも、似たようなものではないでしょうか? なので、小さい頃のワンちゃ …

エサが急に消えてパニックに陥っている犬がかわいい

今回は飼い主さんのちょっとしたイタズラ(手品?)でワンちゃんがパニックに陥ったというお話。可愛すぎる。

ネコ?へたくそだな・・・、だが、おもしろい【ネコ画像とネコ絵の比較】

ブラジルのアーティストHeloisaが自身のtwitterに投稿している作品がネット上で話題を集めている。 ネコの写真と、自身が描いたネコの絵を比較している。うまい絵ではないが、ネコ自身の特徴を捉えて …

ご主人のターザンごっこに対する犬達の反応に感動!【世紀の美談】

おっちゃんがターザンごっこを堪能し、犬達がおっちゃんを助ける!?お話。果たして、犬達はおっちゃんを救出できるのか?

ネコが図書館ネコを首になったが、地元のおかげで再任した話

ネコのブラウザーは2010年に公共図書館の図書館ネコに就任して以来、ネズミ駆除の大任を担ってきた。しかし、不況の嵐はネコにも及んだようで。