動物

9歳の少年、偶然120万年前の化石を発見する!【つまずいた先に女神】

投稿日:


アメリカのラッキーボーイが偶然に約120万年前に生息していたゾウの化石を見つけたよ。今日はそのラッキーボーイを紹介するぜ。

そのラッキーボーイの名前は「ジュード」。さあ、ジュードの物語の始まりだ!

「スポンサーリンク」

当時9歳だったジュードと家族はニューメキシコ州ラスクル―セス郊外の砂漠地帯でただ遊んでいるだけだった・・・

youtube – nmsunews

そのときジュードは何かにつまずいて転んでしまう。で、巨大なアゴらしき物体を発見。

ジュード「変わった形で、普通は見つからないものだと分かったよ」

「スポンサーリンク」

ジュードの両親は物体の写真を撮って、近くにある大学の生物学教授に送った。生物学教授のウーデはすぐに返信を返し、それはステゴマストドンだと説明。

ウーデ教授「ジュードとその家族には連絡をしてもらい本当に感謝しています」

「なぜなら、彼らが連絡をしないで発掘をしていたら、その標本を破壊していた可能性があるからです」

調査の結果、見つかったものは、約120万年前に生息していた生物「ステゴマストドン」の頭蓋骨だと判明。

▼ステゴマストドンの復元画像。まさしく、ゾウさん。

ビデオを見てね

まとめ

・ラッキーボーイ ジュードが転んだ先に見つけた幸運は、ステゴマストドンの頭蓋骨だった。

・こんな体験をしたことないので、すごくうらやましいと感じた。ぐううらやましい。

「スポンサーリンク」

-動物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

動物・生物のちょっとおかしい15の事実【まとめ】

皆さんこんにちは!時をかけるみかんです!   世の中にはたくさんの動物・生物がいます。 しかし、意外に馴染みのある動物・生物についても知らないことが皆さん多いのではないでしょうか? &nbs …

アメリカマイナーリーグの試合で審判に水を届ける犬が話題に【ゴールデン・レトリバー】

アメリカのマイナーリーグで審判に水を運んだ犬ジェイクがいまネット上で話題になっている。野球に興味のない人間にもジェイクがいるなら球場に足を運ぶ価値はありそうだ。

荷台にジャガイモ乗っけたトラック、ゾウに襲撃される!【像、ジャガイモ食う】

ゾウと言えば、巨大でかわいい動物というイメージがある。今回は、そんなゾウがトラックを止めて、ジャガイモを盗んだ話を紹介する。

実験で宇宙に行った動物宇宙飛行士【カエル、魚、カメ、ネコ、クモ、サル、犬】

宇宙飛行士は命がけで宇宙に行き、様々なミッションを達成する。だが、その裏で多くの生物が犠牲となっていることを忘れてはいけない。そこで、本記事では宇宙に行った動物をまとめてみた。

猫をプールに投げ込もうとした少年、逆にプールにどぼんする

猫の祟りは恐ろしいというが、この少年に降りかかった災難を考えると本当かもしれない。