動物

9歳の少年、偶然120万年前の化石を発見する!【つまずいた先に女神】

投稿日:


アメリカのラッキーボーイが偶然に約120万年前に生息していたゾウの化石を見つけたよ。今日はそのラッキーボーイを紹介するぜ。

そのラッキーボーイの名前は「ジュード」。さあ、ジュードの物語の始まりだ!

「スポンサーリンク」

当時9歳だったジュードと家族はニューメキシコ州ラスクル―セス郊外の砂漠地帯でただ遊んでいるだけだった・・・

youtube – nmsunews

そのときジュードは何かにつまずいて転んでしまう。で、巨大なアゴらしき物体を発見。

ジュード「変わった形で、普通は見つからないものだと分かったよ」

「スポンサーリンク」

ジュードの両親は物体の写真を撮って、近くにある大学の生物学教授に送った。生物学教授のウーデはすぐに返信を返し、それはステゴマストドンだと説明。

ウーデ教授「ジュードとその家族には連絡をしてもらい本当に感謝しています」

「なぜなら、彼らが連絡をしないで発掘をしていたら、その標本を破壊していた可能性があるからです」

調査の結果、見つかったものは、約120万年前に生息していた生物「ステゴマストドン」の頭蓋骨だと判明。

▼ステゴマストドンの復元画像。まさしく、ゾウさん。

ビデオを見てね

まとめ

・ラッキーボーイ ジュードが転んだ先に見つけた幸運は、ステゴマストドンの頭蓋骨だった。

・こんな体験をしたことないので、すごくうらやましいと感じた。ぐううらやましい。

「スポンサーリンク」

-動物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

また、愛媛県今治市伯方島で特定外来生物「カミツキガメ」発見か!

昨日12日、かまれるとけがをする恐れがある特定外来生物の「カミツキガメ」が、愛媛県今治市伯方町木浦で見つかり、伯方署の御用になった。 なお、6月21日にもカミツキガメが近くで捕まっており、近隣住民の不 …

プールでブレイクダンスするゴリラのゾラが話題沸騰中

今ソーシャルメディアでブレークダンスするゴリラが話題沸騰している。イケイケでくるくる踊りまくるゴリラのゾラは人間顔負けのパフォーマンスを見せる。

ネコが図書館ネコを首になったが、地元のおかげで再任した話

ネコのブラウザーは2010年に公共図書館の図書館ネコに就任して以来、ネズミ駆除の大任を担ってきた。しかし、不況の嵐はネコにも及んだようで。

40トンのザトウクジラが水中から大ジャンプ【空中を飛んでいる貴重な映像】

皆さん、ザトウクジラはご存知だろうか? 本記事では、大人のザトウクジラが海中からジャンプして、空中を飛んでいる貴重な映像を紹介する。

実験で宇宙に行った動物宇宙飛行士【カエル、魚、カメ、ネコ、クモ、サル、犬】

宇宙飛行士は命がけで宇宙に行き、様々なミッションを達成する。だが、その裏で多くの生物が犠牲となっていることを忘れてはいけない。そこで、本記事では宇宙に行った動物をまとめてみた。