文化

ヨーロッパでみんなが2番目に習得する言語は?【英語?ドイツ語?フランス語?】

投稿日:


日本人にとって2番目に習得しようと頑張る言語は英語ですね。

今は小学校からだそうですが、私のころは中学校から学び始めて、それが高校まで続きました。

いまいち身についたかどうかは分かりませんが、とにかくそれだけ学ぶわけです。

 

では、ヨーロッパはどうなのでしょうか? 一番一般的そうな言語は英語ですが、第二言語も英語なのでしょうか?

気になりますね?

 

ちなみに、United Nations(連合国)の公用語は、英語・フランス語・ロシア語・中国語・スペイン語・アラビア語の6つですが・・・。

どうなのでしょうか?

それでは、どうぞ。

「スポンサーリンク」

 

6. ロシア語

ヨーロッパでは1億人を越える人たちがロシア語を母語としていますが、第二言語としても広がっているようで、中でも特にEUの学生に人気のようです。

5. イタリア語

旧大陸(アジア・ヨーロッパ・アフリカ)で、ロマンス語は結構一般的な言語のようです。

 

研究によると、イタリア語は最も一般的に使われている第二言語のひとつのようです。

※ロマンス語:フランス語、イタリア語、スペイン語などのことで、俗ラテン語が起源。

4. スペイン語

統計によると、ヨーロッパでは第二言語として、スペイン語、フランス語、ドイツ語は同じくらい一般的なようです。

 

ヨーロッパにはスペイン語を教えている学校があり、人気は状況傾向にあるようです。

3. ドイツ語

ドイツ語はフランス語同様に、ヨーロッパの重要な言語の一つです。

実際に、英語を除くと、ヨーロッパで最も話されている言語はドイツ語になります。

 

さらにいうと、ドイツ、オーストリア、リヒテンシュタインではドイツ語は公用語で、

スイス、ベルギー、ルクセンブルクではco-official言語にもなっています。

……co-officialってなんだろう。なんとなく分かるんだが…。

「スポンサーリンク」

2. フランス語

英語がより一般的になるまでは、フランス語がヨーロッパで一般的に使われる言語でした。

 

統計によると、ロマンス言語の中でもフランス語は第二言語としてかなり人気があり、

多くの学生がフランス語を小学校や高校で学ぶようです。

1. 英語

第一位は英語でした。やっぱりそうか。

 

英語は世界でも一般的に広がっていることから、ヨーロッパで第二言語になっていても不思議ではありません。

 

英語はヨーロッパで最も役に立つ言語のひとつであり、また、旧大陸に住むほとんどの学生がこの言語を学んでいます。

「スポンサーリンク」

-文化
-, ,

執筆者:


  1. 匿名 より:

    >>4 スペイン語
    ヨーロッパにはスペイン語を教えている学校があり、人気は状況傾向にあるようです。
    人気上昇傾向ですかね?

    四輪のラリーでも助手の事をコ・ドライバーと言いますね。第2の〜、サブ、副、などでしょうか?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした