文学/書評

10万時間なんてかけられるかという人のための「超速スキル獲得術」

投稿日:2015年9月9日 更新日:


f:id:boris_soredemo:20150909192452j:plain

Amazon.co.jp: たいていのことは20時間で習得できる: ジョシュ・カウフマン, 土方 奈美: 本

近年、「一万時間の法則」なるものが巷にあふれている。その道で成功したければ少なくとも一万時間はその練習に費やせというものだ。さて、それに対してこの著書のタイトルは「たいていのことは20時間で習得できる」である。それを著者は「超速スキル獲得法」と呼んでいる。

著者によれば、「必要十分な能力をどうやって身につけるかであり、世界一流の技を習得する方法ではない」とこの本のテーマを設定している。確かに、プロレベルになるためには一万時間必要かもしれない。GoogleとかMicrosoftなどの企業でエンジニアとして働きたければ、それくらいは集中して訓練をする必要があるだろう。しかしながら そうではなくて、自分の仕事の効率を上げるために繰り返しの作業をPCに任せたいと考えているならば、一万時間も必要ないのではないか? だったら、どうするのかが本書が読者に伝えんとするところである。

超速スキル獲得法とは著者によれば、「習得したいスキルをできるだけ小さなパーツに分解し、そのうち特に重要なものを見極め、まずそれを意識的に練習するというプロセス」としている。 そして、そのための方法がこの本の中に盛り込まれている。

著者は「必要十分な能力~方法ではない」といっているが、ここに書かれていることは趣味に生かされるだけではなくて、一流を目指すという人にも生かされる。普段仕事は、その場にその場で必要なことを調査しながら、進めていく。しかしながら、それでは効率が悪いことは言うまでもない。「もっと、優秀になりたい」、「他者より抜きんでたい」と考えるならば、時間だけをかけるよりもどうやって目標を達成するのかを考えながら日々を過ごすべきである。そんな人にもおすすめである。

趣味をしたいのに時間がない、もっと効率よくスキルを上昇させたいのにどうしてよいか分からない。そんな人には一読をおすすめする。

「スポンサーリンク」

 

-文学/書評

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

絶対に読むべき 熊嵐の書評【アニマルサイコホラー】

熊嵐を読んだので、書評を書きました。 よろしくお願いします。

no image

「読書の技法」を読んで正しい知識を効率的に身につける方法を学ぼう

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門 | 佐藤 優 | 本 | Amazon.co.jp 正しい知識を効率的に身につけていきたい人にこの本はおすすめである。 読書の要諦は、著 …

大人にも子供にもおすすめ!ベストセラー書籍「モモ」。読むべき【ミヒャエル・エンデ】

ライオンと魔女を抜き去り、売れに売れている「モモ」。 とてもいい本!小・中校生におすすめだが、大人でも楽しめると思う。