動物

動物に関する100の事実【暇つぶしにおすすめ】

投稿日:


世界にはたくさんの動物がいて、実はそれぞれに驚くべき特徴があったりします。

本記事では、動物に関するそんな驚くべき事実をご紹介します。

それでは、どうぞ。

「スポンサーリンク」
  1. ゴリラは、人間の風邪を引いたり、病気にかかったりすることがあります。
  2. 中国のウォーター・ディアというシカの新生児は、手のひらに入るほど小さいです。
  3. ダチョウは馬より速く走りますし、オスはライオンのように雄たけびをあげることがあります。
  4. 野生のライオンは通常は年に20回しか、獲物を捕らえません。
  5. 狩りの90%をメスライオンが行います。
  6. 亀・水ヘビ・ワニ・イルカ・クジラなどは、水中に長くいすぎると溺れることがあります。
  7. 世界の豚の半数近くを中国の農民が飼育しています。
  8. 平均すると、犬の視力は人間よりも高いですが、色を捕らえる能力では劣っています。
  9. シカには胆嚢がありません。
  10. 緑地には驚くほどにクモが生息しています。なんと、約4047㎡に50000匹もいます。
  11. アラスカでは狩猟をしている人間に耳打ちをすることは、違法です。
  12. コウモリは、飛行できる唯一の哺乳類です。
  13. 足の骨がとても薄いので、コウモリは歩けません。
  14. 中には、オスが一日に2000回以上もさえずる鳴き鳥もいます。
  15. 哺乳類の中でも、ゾウ・ザトウクジラ・人のメスだけが、更年期を迎えます。
  16. タランチュラは食事しないで、2年以上も生きます。
  17. カンガルーは尻尾を持ち上げられると、ジャンプできなくなります。理由は、尻尾を使ってカンガルーはバランスをとっているからです。
  18. 金魚を暗い部屋で飼っていたら、色が薄くなります。
  19. 牛さんは、立ちながら睡眠できますが、横にならないと夢を見ることはできません。
  20. 「The quick brown fox jumps over a lazy dog」という文章は、アルファベットをすべて使っています。
  21. キツネの平均体重は、6kg強あります。
  22. 七面鳥は、北アメリカで最も有名な鳥のひとつです。
  23. イエバエはFキーでブンブンいいます。
  24. 第二次大戦中、アメリカ軍は、コウモリを訓練して爆弾投下させようとしていました。
  25. ワニにかまれて逃げたいなら、ワニの眼球に親指を突っ込むしかありません。

続きを読む・・・

「スポンサーリンク」

> 続きを読む 

-動物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

とれたて新鮮!?かわいい猫ちゃん大集合

ネコはかわいい。垣根ナシにかわいい。だが、同居人が嫌いだから飼えない。ぐす……。 そこで、本記事ではかわいいネコちゃんたちを紹介することにした。

世界の危険でない蛇の種類 10種【無毒なやつ】

世界でもっともありふれた無毒性のヘビについて見ていきます。 無毒性のヘビは、世界中のどこにでも生息しています。 ※ただし、南極・アイルランド・アイスランドや北米最東端であるカナダのニューファンドランド …

世界に生息する巨大な熊ランキングトップ12【まとめ】

一口にクマと言っても、いろんなクマが世界にはいます。動物園でかわいい姿を見せてくれるパンダもクマの一種です。 では、世界にはどんなクマが生息しているのでしょうか? それでは、「世界に生息する巨大な熊ラ …

一人と一匹、種を越えた人間と犬の友情【美しきかな友情】

一人と一匹が出会った。そして、一人と一匹は友情を育んでいる。今回はそんなお話。

野生を捨て去ったペットネコ。ゆるゆる合戦【がちかわいい】

ネコと言えば、スピード感にあふれている印象がある。 ネズミ退治用に飼っている人もいるくらいだし、何よりそもそもは捕食動物のため瞬発力はあるはずだ。 しかし、野生を忘れればなんとやら。野生を忘れた動物が …