政治 旅行

北朝鮮への旅行者が気を付けるべき 10の事実【まとめ】

投稿日:


日本は現在北朝鮮により危険にさらされています。よくミサイルがEEZ内にぶち込まれますし、日本人の拉致問題も解決していません。

しかし、こんな時にこそ敵を知る必要があるのかもしれません。

その一つが旅行です。もちろん当局の監視付きで自由に北朝鮮内を旅行はできませんが、空気感をつかむことはできるでしょう。

※危険なのであまりおススメはしませんが・・・

そこで、本記事では旅行者向けに北朝鮮への旅行で気を付けるべき10の事実をご紹介します。

「スポンサーリンク」

 10. 指導者を侮辱するのはダメ

アメリカ人はコメディで政治家をバカにすることが好きだと思いますが、北朝鮮滞在中にはつつしんでほしいです。

この国では、肯定的なものしか許可されていません。

9. 国際運転免許証は使えない

外国を旅行中にレンタカーを利用する人もいるでしょう。ですが、北朝鮮では国際運転免許証は使えません。

どうしてもというなら、国内の運転免許証を取得する必要がありますが、これも無理そうですね……。

8. 宗教の布教活動はダメ

この国で、宗教的な行いをしてはいけません。

事実、アメリカ人旅行者であるジェフリー・ファウルは、北朝鮮のセーラークラブに聖書を置いていたため、現在獄中生活中です。

「スポンサーリンク」

7. 許可のない政治活動はダメ

北朝鮮の政治活動に参加しようと思ってはいけません。

6. 短い距離でも許可なく移動はダメ

旅行者には北朝鮮のツアーガイドが常に一緒についてきますし、ガイドが連れていく場所にしか行けません。

事実、立ち入り禁止区域にいた旅行者が軍隊によって射撃されたこともあります。

5. 地元住民との無許可の交流はダメ

許可がない場合、地元の人と話もできません。これを無視してもいいですが、その場合はどうなっても知りません。

地元民との交流は旅行の醍醐味ですが、安全の方が大事ですよね。

4. 国内通貨の利用はダメ

旅行者は北朝鮮の通貨を利用できません。どれだけ少額でも、全ての支払いをドルやユーロなどの外貨で支払う必要があります。

3. 外国人用の店以外での買い物ができない

旅行者は北朝鮮の国内通貨を使えないので、外貨が利用できる場所でしか買い物できません。

また、デパートでの自由な買い物もできません。

2. 政治指導者の政治宣伝や写真を、改ざんしたり取り外してはダメ

北朝鮮指導者の政治宣伝を弄んだり、写真を取り外したりすることは禁止されています。

記憶に新しいところでは、2016年に起きたアメリカ人オットー・ワームビアの事件が有名ですね。

彼は政治宣伝ポスターをホテルで盗もうとした罪で北朝鮮当局に拘束され、労働強化刑15年を宣告されています。

その後、容体が急変。アメリカ政府の交渉もあり帰国しましたが、心肺停止により亡くなってしましました。

1. 北朝鮮政府に批判的な資料の所持ダメ

北朝鮮に滞在中に、政府に批判的であると思われるものを所持することはできません。

これは完全に解釈次第であり、政府は不快なものを好きに選べるので、これには特に用心する必要があります。

「スポンサーリンク」

▼北朝鮮への潜入動画

-政治, 旅行
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

草薙・香取・稲垣がジャニーズ事務所を離脱。いや、もっと伝えることあるだろ【フィリピンのミンダナオ島がやばい】

フィリピンミンダナオ島でISを支持するグループがマラウィ市を占拠し、世界が衝撃をうけている。 しかし、そんなことはどこ吹く風。日本は今日も平和ボケといった様相である。

獣医師会の犬!?、民進党・玉木雄一郎「加計学園は白紙にしてくれ」【加計学園 閉会中審査】

加計学園問題で一貫して獣医師会の立場から意見を述べてきた民進党の玉木雄一郎議員。 本日24日に行われた閉会中審査でも、その姿勢は変わることがなかったようだ。

no image

最古の湯「道後温泉」

道後温泉 道後温泉本館(いよ観ネットより)  皆さん、道後温泉を知っているだろうか? 道後温泉は、愛媛県松山市に湧き出ている温泉である。松山市生まれで松山市育ちの私からすれば、道後温泉というのは近所に …

加計めぐる証言、守秘義務違反?許せ―ん。でも、尖閣映像事件では?【朝日新聞の論調比較】

加計学園に関連する文科省文書流出事件について、自民党の義家弘介 文部科学副大臣は、内部告発者が国家公務員法100条の守秘義務に違反する可能性を示唆した。 これに対し、朝日新聞は、自由党の森ゆうこ議員や …

世界で最も銃乱射事件の多い国ランキング【アメリカ・・・】

こんにちは! 時をかけるみかんです。 うだるような猛暑日が続く夏から、ちょっと涼しくなってきましたね。   さて、今回は「世界で最も銃乱射事件の多い国ランキング」をお届けしたいと思います。 …