宗教 旅行

でかい!世界の観光で行ってみたい大きな寺院 【まとめ】

投稿日:2017年2月14日 更新日:


世界で最大の寺院は何でしょうか? この質問に答えるためには、寺院がなんであるかを定義しなくてはなりません。

宗教的または霊的な活動のために作られた場所と大まかに定義できますが、すべての宗教が「temple」という言葉を使うわけではありません。

西方教会の伝統では、「temple」はほとんど使われないので、西洋のキリスト教の教会や大聖堂は除外します。

対照的に、東方教会の伝統においては「temple」という言葉は頻繁に使用されます。

「スポンサーリンク」

10 Baalbek(バールベック )

出典:instagram/vbuyuktuna

バールベックは、ヘリオポリスとも呼ばれ、レバノン東北部にあるとても大きい考古学的遺跡になります。

紀元前1世紀から紀元2世紀にかけて、ローマ人はこの場所に3つの神殿を建築しました。それは、ユピテル・バッカス・ビーナスの3神をまつる神殿です。

ローマ帝国最大の神殿になるよう建築されたユピテル神殿は、54の巨大な花崗岩の柱が並べられました。それらのうち現在たっているのは6柱ですが、とてもとても印象深い建造物です。

3つの中で一番保存状態のいい神殿は、紀元150年に建築されたバッカス神殿です。バッカス神殿は、長さ69メートル、幅は36メートルあります。

9 Temple of Christ the Saviour(救世主ハリストス大聖堂)

出典:flickr/akk_rus

モスクワで最も印象的で論争の的になる建物である再建後の救世主ハリストス大聖堂には、短いけれども激しい歴史を持っています。

当初は、ナポレオンを下した後に発注されましたが、建設が始まったのは1839年です。

実現しなかったソビエト宮殿を建設するために、1931年にスターリンの命令で救世主ハリストス大聖堂はバラバラに破壊されました。

1990年にロシア正教会は大聖堂を再建する許可を得ました。

2000年に完成したこの新しい大聖堂は、元の設計図をもとにデザインされていますが、現代の建築資材で建設されました。

8 Temple of Saint Sava(聖サヴァ大聖堂)

出典:flickr/Jorge-11

ベオグラードにある聖サヴァ大聖堂は、世界最大の正教会の教会になります。セルビア正教会の創立者のために建設されました。

1985年に教会の建設が始まり、2004年までにはほぼ完成しました。ただ、内装だけはいまだに終わっていません。

教会の長さは91メートルで、幅は81メートルになります。

高さは、70メートルあり、天井にある金の十字架を加えると82メートルになります。

7 Tikal(ティカル寺院)

出典:instagram/manon_frn

ティカル寺院は、紀元約200~900年の間 およそ100,000~200,000の住民が住むマヤ最大の都市でした。

その敷地内には、6つの大きな階段状ピラミッドがあります。その中で最大の寺院-ピラミッドⅣは高さ約72メートルになり、紀元720年ころに完成しました。

6 Jetavanaramaya(ジェータワナラーマヤ仏舎利塔)

出典:instagram/malinda.perera

スリランカにあるジェータワナラーマヤは世界最大の仏舎利塔になります。この寺院は、マハーセーナ王により紀元3世紀に建設されました。完成にはなんと15年もかかったそうです。

建設には約93.3百万のレンガが使用されました。

高さは122メートルあり、天井の直径は約95メートルあります。

「スポンサーリンク」

5 Sri Ranganathaswamy(ランガナータスワーミ寺院)

出典:instagram/pratyusha.vangala

インドのスリランガムにあるランガナータスワーミ寺院は、毎年数百万の訪問者と巡礼者が訪れるヒンズー寺院になります。この寺院は、敷地面積6,31,000㎡の面積がある世界最大級の寺院になります。

ランガナータスワーミ寺院で一番古い箇所は10世紀までさかのぼることができます。

4 Akshardham Temple(アークシャルダーム寺院)

出典:instagram/gauravlone_879

インドのデリーにあるヒンズーのアークシャルダーム寺院になります。

中央の塔は、高さ43メートル、幅96メートル、長さ110メートルもあります。

ラジャスターンピンクの砂岩とイタリアのカララ大理石でできていて、鋼鉄やコンクリートは使われていません。

3 Borobudur(ボロブドゥール寺院)

出典:photo/Kenyon College

インドネシアはジャワ島のジョクジャカルタ北西40kmにあるボロブドゥール寺院は世界最大の仏教寺院です。

この寺院は、8世紀~9世紀に約75年を費やしてインドネシアのシャイレーンドラ朝により建造されました。なお、200万以上もの石のブロックが使われたらしいです。

3つのグループにこの寺院は分けることが出来ます。それは、土台・本体・頂上です。まるで、人間の体みたいですね。

2 Karnak(カルナック神殿)

出典:instagram/juanitoviajero

エジプトのカルナック神殿です。

荒廃してはいるもののエジプトにこれほど素晴らしい場所はあまりありません。

世界で最大の古代神殿であり、エジプトの様々な時代の建築家の仕事が融合しています。

カルナック神殿は、実際にはいくつかの神殿でできています。

その中で一番有名な構造物は多柱式広場で、5,000㎡の面積があります。16列に配置した134本もの巨大な柱が今は崩落してしまった天井を支えていました。

1 Angkor Wat Temple(アンコールワット寺院)

出典:instagram/nat_a_chaton

アンコールワットは、カンボジアにある広大な寺院群です。寺院群の中に、あの有名なアンコールワット寺院が含まれます。

「スポンサーリンク」

 

 

-宗教, 旅行
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

観光におすすめ!世界で有名な仏像 10選【画像もあるよ】

日本にはたくさんの仏像があり、有名なものも多くあります。 では、世界を見てみるとどうでしょう。 私たち日本人の知らない仏像がたくさんあるのでしょうか? そこで、世界的に有名ですばらしい仏像を本記事では …

ヨーロッパ旅行におすすめ!ゴシック様式の大聖堂【5選】

Gothic大聖堂は古代ゴート人とは関係ありません。 ゴシック様式で建設された大聖堂のことです。 ゴシック様式は、ロマネスク様式からフランスで12世紀に発展した建築様式です。 そのため、当時はフランス …

ヨーロッパ旅行におすすめ!ゴシック様式の大聖堂 2 【5選】

12世紀に生まれたゴシック様式。 その後にルネッサンス芸術に圧倒され衰退しましたが、この世から消え去ったわけではありません。 現在でもこの様式は残っており、特にゴシック様式の大聖堂は時代を超えて私たち …

ノルウェー観光!おすすめの動物とスポット【まとめ】

スカンジナビア半島にあるノルウェーという国を皆さんはご存知ですか? そう、圧倒的大自然と氷河で浸食されてできた湾であるフィヨルドが有名な北ヨーロッパの国です。 大自然豊かなノルウェーを旅行するなら、や …

世界最大のホテル・チェーンランキング トップ10【2017年】

世界最大のホテル・チェーンはどこでしょうか? 本記事では、不動産数によって最大のホテル・チェーンをランキングづけしました。 それでは、どうぞ。