仏教

仏教徒なら絶対に知っておくべき釈迦の弟子【まとめ】

投稿日:


宗教を知ることで人間の行動が理解できる、というように日本人には理解できないかもしれませんが、それほど宗教は社会に影響を与えています。

ということで、宗教の中でも特に私たちに縁深い仏教のことを本日は勉強していきます。本日のテーマは「釈迦の十大弟子」です。

釈迦にはさまざまな弟子がいましたが、そんな中でも特にユニークな10人の弟子を十大弟子と言います。十大弟子にはそれぞれ得意な分野というものがあったそうです。

それでは、どうぞ。

「スポンサーリンク」

舎利弗(シャーリプトラ)

知慧第一、舎利弗。釈迦の教えを広めるのに大変貢献しました。

最初は懐疑論者であるサンジャヤのもとで目連とともに修業していましたが、釈迦の教えのすばらしさに気づいて弟子入りしました。

目連(マウドガリヤーヤナ)

神通第一、目連。他心通、つまり他人の心を洞察する力に優れていたようです。

目連も舎利弗同様に、もともとは懐疑論者であるサンジャヤのもとで修業していましたが、釈迦の教えのすばらしさに気づいて弟子入りしました。

大迦葉(マハー・カーシャパ)

頭陀第一、大迦葉。頭陀とは衣食住に対する欲望を捨てて、それに従って生きていくということで、例えば、人里離れたところに住んだり、ボロで作った服を着ることです。そのため、清貧の行者として有名であったようです。

また、第一結集という釈迦の入滅後に初めて開かれた三蔵の編集会議を主催した人でもあります。

須菩提(スブーティ)

解空第一、須菩提。仏教の重要な概念の一つに空というものがあるのですが、その理解に優れてたようです。空思想を記述した般若経によく登場します。

富楼那(プールナ・マイトラーヤニープトラ)

説法第一、富楼那。説法、つまり仏教の教義を説き聞かせることにたくみであったようです。

大迦旃延(マハー・カーティヤーヤナ)

論議第一、大迦旃延。論議、つまり 互いに意見を述べて理非を 論じ合うことにたけていたようです。

阿那津(アニルッダ)

天眼第一、阿那津。修行によって失明してしまいましたが、天眼、つまりすべてを見通すことのできる眼を持っていたようです。

優波離(ウパーリ)

持律第一、優波離。律とは、出家者のためのルールという意味で、そのルールを固く守ることに優れていたようです。そのため、第一結集では律の誦出を担当しました。

羅睺羅(ラーフラ)

密行第一、羅睺羅。密行、つまり律などを細かく守ることに優れていたようです。

阿難(アーナンダ)

多聞第一、阿難。多聞とは多くのことを聞いたという意味です。侍者として釈迦に付き添い、他の誰よりも多くの説法を聞いたのでこの呼称がつきました。そのため、第一結集では、教えの誦出を担当しました。

「スポンサーリンク」

-仏教
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「釜堀浩元師」堂入りの行を終えて当行満阿闍梨へ

2015年10月21日未明、釜堀浩元さんが「堂入りの行」を終了しました。これは、戦後から数えても13人しかいない偉業です。

仏教徒多い国ランキング

数多くの宗教が世界にはありますが、その中でも世界三大宗教と言われる仏教、キリスト教、イスラム教には数多くの信徒がいます。 本記事ではその中の仏教に焦点をあてて、仏教徒の人数が多い国をランキング形式でま …

仏教徒なら絶対に知っておくべきこと!四諦(4つの真理)【まとめ】

釈迦が初めての説法である初転法輪で語った内容は、四諦と八正道であったとされています。 今回は、その内の四諦についてご紹介します。四諦とは4つの真理という意味で、1)苦諦・2)集諦・3)滅諦・4)道諦に …

no image

「安全保障関連法」に反対を表明している仏教の宗派のまとめ

 本記事では、「安全保障関連法(以下、安保法)」に反対している仏教の宗派を調査した内容を記述する。 「スポンサーリンク」 調査方法  「安保法案 仏教」とGoogle検索をすると「安保法に反対する仏教 …

え?それも!日常に潜む仏教用語【まとめ】

日本に仏教が伝わって1000年以上もたちます。その過程の中でさまざまな仏教用語が日常の言葉に入り込んできました。現在でも同じような意味で用いられるものもありますが、その意味が抜け落ちている言葉もありま …