動物

PTSD(心的外傷後ストレス障害)治療におすすめの介助犬まとめ【アニマルセラピー】

投稿日:


近年PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法として「アニマルセラピー」が注目を浴びています。その中でも今回はPTSD患者の介助犬にふさわしい犬種をまとめてみました。

参考:10 Best Service Dog Breeds For PTSD

「スポンサーリンク」

 10. ポメラニアン

ポメラニアンはきゃわいくて、ふわっふわしてます。なので、もふもふと抱くのにピッタリの犬と言えるでしょう。部屋のスペースが広くない場合に、特におすすめのパートナーになります。非常に賢い犬でもあります。

 9. ロットワイラー

訓練の行き届いたロットワイラーは、非常に良い介助犬になります。あまり評判は良くないですが、卓越した気質を備えています。

 8. ボーダー・コリー

全犬種の中で最も知能が高いとされる犬種です。

「スポンサーリンク」

 7. ビーグル

柔らかい耳がサイコーで、とても安らいだ気分になれます。活発で遊び好きな性格ですが、賢くて従順で訓練は行いやすいです。

 6. セント・バーナード

映画「ベートーベン」で一躍有名になった犬。私も映画で初めてこの犬を知りました。人懐っこくて、用心深い性格です。ただ、大きいのでそのへんは注意が必要です。

 5. ジャーマン・シェパード

従順な性格で、学習したり働いたりが苦になりません。また、飼い主の幸福を一番に考えてくれるのでPTSDの介助犬としてピッタリです。

 4. スタンダード・プードル

理想的なコンパニオンドッグ。それが、プードルだと言えます。気質が卓越していて、またアレルギーを起こしにくい犬種だからです。

Wikipedia – Tim Wilson(CC BY 2.0)

 3. グレイハウンド

グレイハウンドは、穏やかで、人懐っこく、落ち着いた性格をしています。また、しつけが楽にできます。

Wikipedia – Neurodoc(CC BY-SA 3.0)

 2. ラブラドール・レトリバー

穏やかで優しく、信頼できるパートナー、それがラブラドール・レトリバーです。けっこう大きく成長しますが、生涯の友になること間違いありません。

 1. ゴールデン・レトリバー

賢く、頼りがいがあり、自信にあふれ、信頼できる。そんな犬が、ゴールデン・レトリバーです。No.1の座に輝くだけの性質を備えています。

どうでしたか。参考になったでしょうか?

「スポンサーリンク」

-動物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

犬とアライグマがプールでじゃれ合う姿がほほえましい!

犬と猿は犬猿の仲というが、犬とアライグマはどうなのだろうか? 今日はこの珍しいコンビがキャッキャ、ウフフする光景を紹介する。

リスは冬に備えて木の実を隠すようですよ・・・、犬の毛の中に。

こんにちは!時をかけるみかんです! リスは冬に備えて、木の実をたくさん取っては土の中に埋める習性があるそうです。 ですが、どんなものにも例外はあるようで…。今回ご紹介するのはリスはリスでも …

子犬とフクロウ、二匹は仲良し?【異色のコンビ】

これほどまで異色の組み合わせが今まであっただろうか? 本記事では子犬とフクロウという異色のコンビをご紹介する。

体が異常に長い生物!【世界一長い生物】

世界にはたくさんの動物がいます。形や色などがそれぞれ違っており見ていてあきません。 では、世界で最も長いとされる6つの動物とは何でしょうか?

マイナーリーグのバットドッグ、バットの代わりに敵ピッチャーのボールを回収!

ヤンキース傘下のAAチーム「トレントン・サンダー」のバットドッグであるルーキーが、AAAチームに昇進したがすぐに降格した話。